スティーヴン・スピルバーグ、リンカーンの山高帽を手にする

ニューヨーク(dpa)発-ハリウッドの映画監督スティーヴン・スピルバーグ(65)は新しい映画「リンカーン」の準備のために2、3年前、アメリカ第16代大統領リンカーンの個人的な所有物を掴むことを許された。

「白い手術用の手袋をしてリンカーンが暗殺された時のメアリー(リンカーン夫人)が着ていた服に触れる機会があった。そしてリンカーン山高帽を手に取って見ることが許された」と映画専門誌 Entertainment Weekly にスピールバーグは語った。

その際念頭を過ぎったのものなんだったのか、という質問に対しては笑って答えた。「自分はリンカーンのようにあんなにも大きくはならないだろう」と雑誌に引用されている。歴史物の映画アブラハム・リンカーンの主役はオスカー賞受賞者のダニエル・デイ・ルイス(55)である。映画は来る11月9日、米国の映画館で上映予定。



わたしは今回のロンドンオリンピックの開会式の様子を見ませんでしたが、見た人の話しによると、英国の有名なシェイクスピア俳優(私はスウェーデン作家のヘニング・マンケルの作品の英国テレビ映画の主役、ヴァランダーとしての同俳優が想起されます)が山高帽を被って登場したとか。テレビで見ていたアメリカ人達はそれを見て、「あっ、リンカーンだ」と思った人達が多かったとか。それほどまでにも山高帽とリンカーンとアメリカ人とは繋がりが深いということらしい。

昔は英語学習という観点から読んで理解しようとしていましたが、こうして久しぶりに読み返してみると、リズムのある格調の高いものです。http://de.wikipedia.org/wiki/Gettysburg_Address

スポンサーリンク