チェスが教科となるブルガリア


ブルガリアの小自冶体がチェスを教科として導入

ソフィア発-ブルガリアの小さな自治体スリブニツァ、セルビアの国境近くにあるのだが、ヨーロッパ連合内で初めて小学校での義務教育としてチェスのゲームを導入した。
つづき Bulgarische Gemeinde führte Schach als Unterrichtsfach ein


日本では、愛好者しかチェスをやらないと思います。もちろん、チェスに似たものに日本では将棋がありますが、チェスはヨーロッパにやって来て、初めて目にしたと言えます。

もちろん、正式に学んだことはありません、下手の横好き気分でゲームのルールを概略的に知って対戦に臨んだことがありますが、もちろん対戦経験が殆ど無いウブは直ぐに負けてしまいました。

チェスは単なる娯楽的なゲームなのか、それとも相手のキングを捕らえようとする戦略戦術を研究する科学、
学問なのか、そういった思いも チェスの話 の中で表明されていますね。このゲームは結構奥がとっても深いもののように思われます。

日曜日(2012年10月28日)からはまた冬時間


日曜日(2012年10月28日)からはまた冬時間

リンツ発-眠るのが大好きな人は喜んで宜しい:日曜日(2012年10月28日のこと)には時計の針がまたも回される。1975年に欧州連合内に導入された夏時間は今年では過去のこととなる、つまり冬時間が始まる、これは2013年3月31日まで続く。
つづき Ab Sonntag gilt wieder die Winterzeit →

冬時間の到来で一時間だけ今よりも長く眠っていられるって誰かが言っていたが、そんなことはない。
いつもよりも一時間だけ早く起きてしまった。真っ暗な寝室の中、目覚めて耳を澄ましているがシーンとして何も聞こえない。この静寂はなんだろう。普通なら戸外からは何らかの物音が聞こえてくるものだが、今日に限って実に静かなだ。この静けさはちょっと意外だった。

窓のカーテンを引いてみたら、雪だ。初雪! 

どおりで何もかもが静かに静まり返っていたのだと気付かされた。冬時間の到来と同時に雪も一緒に到来したという次第だった。オーストリアは当地にもとうとう冬がやって来た。

普通ならばデジカメで初雪を撮るのだが、生憎にも手元のデジカメは壊れてしまっている(レンズが本体から出てこない Objektivstörung! )ので、修理に出すのも手続きが面倒くさい、それに多分高く付くだろうということで、修理に出すかどうかも決心がつかぬまま放っぽっておいたが、その間にもシャッターチャンスはいくつもやってきているのにカメラで捉えることもできないまま、今年も終に冬に突入ということになった。新しいデジカメを買うことにしようか。それとも冬用ブーツにしようか。

空気からガソリンを作る?


英国のある小さな会社が一つの技術を開発した。本当かと殆ど信じられないように聞こえる。実は、空気からガソリンを作り出すという技術である。英国のエンジニア学会は気候変動に対する戦いで突破口を開いたと語っている。 同社は北英にあるが、今までに5リットルのガソリンを獲得することが出来た。
つづき Aus Luft Benzin gewinnen →

これは今までになかった”新技術”なのでしょうか。



アームストロング、ツール・ド・フランスの全タイトル剥奪


自転車競技 -アームストロング、ツール・ド・フランスの全タイトル剥奪 

ランス・アームストロングのツール・ド・フランスで獲得した7つのタイトルは永久に剥奪される。この決定は 国際自転車競技連合 UCI が米国アンチ・ドーピング協会 USADAの判決理由を調査した後でのこと。同協会はこの制裁について既に発言していた。
つづきArmstrong verliert alle Tour-Titel →



キューバ国民の海外渡航の自由?


キューバ国民は海外渡航の自由を茶番と見なしている
「政府は我々を誂っているんだよ」

ハバナ発-誰もが2013年以降パスポートを手に入るのではない、数少ない人達だけがそうすることが出来るのだ。キューバ国民は今後もっと簡単に出国できる、すくなくとも2013年1月14日以降施行される移民法の改定ではそう示唆している。実際、同法によると今までにも海外渡航が許された人たちにとっては出国が今後もっと簡単になる。
つづきKubaner sehen Reisefreiheit als Farce: „Regierung macht sich über uns lustig“ →

キューバ旅行無料! などと唱っているサイトがありますが、本当でしょうかね。

スポンサーリンク