メルケル首相、ギリシャ訪問予定


メルケル首相に対するギリシャ人たちの憎悪への憂慮

Angst vor dem Hass der Griechen auf Merkel
Die Bundeskanzlerin reist am Dienstag nach Griechenland. Bei ihrem Besuch geht es auch darum, die Wut der Griechen auf Deutschland zu besänftigen. Dennoch werden gewaltsame Ausschreitungen befürchtet. http://www.welt.de/politik/ausland/article109674806/Angst-vor-dem-Hass-der-Griechen-auf-Merkel.html
メルケル首相は来る火曜日(2012年10月9日)ギリシャへと旅立つ。このギリシャ訪問ではドイツに向けられているギリシャ人たちの怒りを和らげることにある。でも暴力的な渡り合いが発生することを心配している。





    *   *

ギリシャが今の状況にあるのはドイツの所為なのでしょうか!?
どうも責任転嫁をしているようにしか思えません。

報道によると11月末までにギリシャの行く末が決定するとか。ギリシャの債務は増える一方、減る気配がない、減らす努力が見られない? ヨーロッパ連合からの資金援助もはい、これまでよ、と停止されるかもしれない。

そうすると、ギリシャのヨーロッパ連合ユーロ貨幣領域からの撤退もありえるかも。
EUとの縁を切ることでギリシャも自立の道を探ることになるのかも。

ギリシャは撤退するかどうかといった賭けを書いている記事も見られるようになりました。

このドイツ語記事に対するドイツ人によるコメントを読むとほとんどがギリシャ側に責任ありと指摘している。がギリシャの人たちの耳に届くことは多分ないのではないかと思います。

メルケル首相はギリシャ人たちを説得することができるのでしょうか。見守っていましょう。
























トルコ議会、シリア(軍事)介入承認


トルコ議会、シリア(軍事)介入承認

トルコの村に対する砲弾攻撃の翌一日、アンカラのトルコ議会は議案を可決した、つまりそれはシリアへの軍事行動を可能とするものである。この委任は一年間有効の予定。



トルコ軍のシリア介入でシリア国内の軍事紛争を解決へと向かって行けるでしょうか。
世界はシリア国内での出来事をハラハラしながら、また苦虫を潰したような顔で見ていますが、
手も足もでない状態。国連軍も安全保障理事会での中国やらロシアの拒否権発動で出動できない。

隣国のトルコがこれから立ち上がって、シリア国内の紛争を解決、つまり今の大統領を追放させてしまう、
などとわたしは勝手なシナリオを考えていますが、どうなることやら。
























シューミはF1レーサーのキャリア終了


世界タイトル7回獲得した後
今や決定済み:シューミはF1レーサーのキャリア終了

今や確実となった。メルセデス社での契約更新なしを受けてシューミは他社のフォーミュラ1のコックピットに搭乗しない。世界チャンピョンのタイトルを7回獲得した本人は木曜日(2012年10月4日)、鈴鹿で、今季終了後には引退すると明らかにした。



だれでもいつかは引退せざるをえなくなるのですよね。スポーツであれ、プロの何かであれ、人生であれ、
最後には Time to say goodbye と。 そして新たな出発が始まる。
























ドイツ国の”内的統一”は見せかけ


ドイツは過去もそうであったが、現在も連邦制である。それは何も不幸なことでもない、それが現実なのだから。このことを受け入れれば、多分もっとリラックスした状態で全ドイツの出来事に専心することが出来る。

ヘルムート・コール、ヴィリー・ブラントそして他にも多くの人達が集まり祝賀し感動に浸っている。ベルリンは連邦議会の前で。その時から今22年が経った。22は一つの偶数ではある、でもまともな数字ではない。ドイツ統一の日は我々にとっては簡単には行かないのだ。































オランド氏、元妻のロワイヤル夫人を無視する


フランス国の大統領オランドがニューヨークは遠くの方に自分の元妻であるロワイヤルさんを目にした時、来た道を取って返した。それもジャーナリストたちの眼前で。それがあった後、ロワイヤル夫人は公に怒りをあらわにした。

フランスの首長であるフランスワ・オランド氏がニューヨークは公共の場で無視したので、元妻のセゴレーヌ・ロワイヤルさんはある報道によると怒った。フランス日刊紙「Le Figaro」金曜日版の情報によると、社会党の同女性政治家は「もうまっぴらよ」と言ったとか。








































スポンサーリンク