ロビー・ウィリアムズの華麗なる変心?


ロビー・ウィリアムズ、もう喫煙も飲酒もしない

人生においては何が重要なのか、父親として彼は決定しなければならなかった。そこでロビー・ウィリアムズは今や娘のテオドーラ・ローズちゃんのためにも喫煙と飲酒を放棄した。つづき Robbie Williams: Er raucht und trinkt nicht mehr 










    *   *

ご自身の健康のためにも、また家族の幸福のためにも、両方を放棄したご本人に(個人的に)拍手です(笑)

タバコを吸うことや酒を飲むことはすでに長いこと、その害毒が言い伝えられてきていますが、
結局はその個人の自由だ、ということでその本人の意思決定に任されていますね。
喫煙、飲酒に対する選択権はその本人にある、と。

飲酒と老化との関連性

自分だけの為に生きるならば、それも結構ということでしょう。
でも、自分だけが生きているのではない、他の人のためにも生きている自分を知ることによって、
自分だけの恣意だけでは一緒に生きていけないとロビーは自覚させられたのでは。
やはりキリスト教の教えも作用しているのでしょうか。


アルコールは体温を奪ってしまう

スポンサーリンク