ロシア司法当局、マドンナに対する100万ユーロ訴訟を審査


サンクト・ペテルブルク発― 米国ポップ・ミュージックの歌姫はロシア正教会の活動家たちに”ホモのプロパガンダ”を理由に訴えられた。

米国ポップスターのマドンナ(54)はロシアでのコンサートの後、換算で830万ユーロの損害賠償請求に直面している。サンクト・ペテルブルクの裁判所が昨日、同歌手欠席のまま「ホモのプロバガンダ」だという訴訟について審査を開始した。
つづき Russische Justiz prüft Millionenklage gegen Madonna→























スポンサーリンク