乗客の搭乗時、スチュワーデスさんたちは片手を背後に隠している!?

>>>>>>>https://amzn.to/2PU7R4Y



Warum Flugbegleiter beim Boarding eine Hand
hinter dem Rücken verstecken


Was steckt dahinter, wenn Stewardessen bei der Begrüßung ihre Hände
hinter dem Rücken verschränken?

Vielleicht ist auch Ihnen schon aufgefallen, dass Flugbegleiterinnen Passagiere
beim Einsteigen oft mit einer Hand hinter dem Rücken begrüßen.
https://kurier.at/reise/warum-flugbegleiter-beim-boarding-eine-hand-hinterm-ruecken-verstecken/400335810
ドイツ語文記事のつづき→

ドイツ語記事試訳  
スチュワーデスさん、乗客の搭乗時に片手を背後に隠している、なぜか? 

背後には何が隠されているのか、搭乗の際の挨拶でスチュワーデスさんたちが手を背後に回していると?

スポンサーリンク





多分あなたも既に気づいていたかもしれないが、搭乗員たちは乗客が搭乗する際にしばしば片手を背後にしながら挨拶している。
暗闇の中での離陸

ブラインドの役割

孤独から抜け出すために(英国の場合)

https://amzn.to/2DR82H0

Raus aus der Einsamkeit!

    
In Großbritannien hat das neue Ministerium für Einsamkeit
erste Maßnahmen vorgestellt.
Ursachen und Lösungen für ein wachsendes Problem -
auch in Österreich.

Früher brachte der Briefträger nicht nur die tägliche Post an die Tür,
sondern auch die Neuigkeiten aus der Nachbarschaft. Oft nahm er sich
dafür mehr Zeit, trank ein angebotenes Tässchen Kaffee oder auch
ein Stamperl Schnaps und man plauderte ein wenig.
https://kurier.at/leben/drei-viertel-der-oesterreicher-fuerchten-einsamkeit-ursachen-und-loesungen/400313712

ドイツ語文記事のつづき→

ドイツ語記事試訳  
孤独から脱出せよ     

英国では新孤独対策省が最初の措置を提出
大きくなりつつある問題の原因と解決
オーストリアも同様

以前だったら(英国の)郵便配達人は日々の郵便を戸口に運んでくるだけでなく、ご近所からのニュースも運んで来た。そのために配達人はしばしば時間を割き、勧められる一杯のコーヒーやらシュナップスを飲み、ちょっとの間 一緒におしゃべりをしたものだ。以て一人暮らしの人たちは日々、一つの決まった時点を得ただけでなく、理想的には訪問者(郵便局員?)は何かがOKでない場合にはそれにも気がついた。たとえばお年を召した女性が転倒のためにドアーを開けなかった、とか。または会話で孤独を知るとか、近くの道路から何人かのご近所さんたちがカードゲームのために定期的に会っているとか、そして一緒にプレーする人を必要としているとか。


郵便配達人が(社会的な)生活世界へのドアーの役割を

この世界へのドアーという役割を英国では再度スピードアップする予定である。英国政府は二、三の地域でロイヤルメイルを使ってパイロットプロジェクトを開始したい。郵便局の従業員たちはスクーリングを受け、自分が受け待つ日常ルートでの一人暮らしの、孤立している、または孤独な人たちとコンタクトを取ることが予定されている。そして必要に応じてこれらの人たちをネットワーク化したりそれぞれの家庭での何か気がついたことについて情報を得ることになる。

スポンサーリンク





対抗措置を講じる

これは英国での長期的な、そして全国的な措置の一部でしかないが、最近発表されたものである。これは途方もない問題である孤独に対して闘いを挑むための、最初の第一歩だ。色々な措置のグループ化と開発のためにこの1月 ー世界で初めての ー「孤独対策省」が設置された。

冗談のように聞こえるかもしれないが、実際の数字に目をやるとそんな笑いも喉に引っかかったままになる。9百万人(13%)の英国人は孤独を感じる、と複数の調査が示している。20万人のお年寄りは一ヶ月にたったの一回、家族親族、友人または知人とコンタクトを取ると認めている。社会的孤立は西欧世界の人口の発展に伴う典型的な現象である。オーストリア国では3分の2が孤独を、60歳から69歳の半分は年を共に友人や知人が少なく不安を抱いている。年が行っていない人たちさえも孤独が増えている。逆説的なことだが、ソーシャルメディアが孤独に強く作用している。


ドイツ語文記事のつづき→

睡眠障害を克服するには

SCHLAFSTÖRUNGEN
Zu müde zum Einschlafen – aber warum eigentlich?

    
Schlafstörungen gelten inzwischen als Volkskrankheit. Die Hälfte der Weltbevölkerung leidet darunter. Auch die Österreicher bleiben nicht verschont. Laut einer Studie der Medizinischen Universität Wien haben sich die Einschlaf- und Durchschlafstörungen in den vergangenen zehn Jahren verfünffacht. Auslöser können Stress, Lärm oder psychische Krankheiten sein. Was man dagegen tun kann.
https://bit.ly/2F8QPLG (News.at)  Freitag, 2. November 2018

ドイツ語文記事のつづき→

ドイツ語記事試訳  
いろいろな睡眠障害      

睡眠障害は今や大いに広まっている病気と言える。世界人口の半分はこの病に掛っている。オーストリア人もその例外ではない。ウィーン医学大学の研究に従うと寝入れない、または通して眠れないといった睡眠障害は過去10年間で5倍になった。障害の要因としてはストレス、騒音または精神的な疾患でありえる。この睡眠障害に対しては何ができるだろうか。

興奮したままベッドに横たわる、でも寝入ることが出来ない、そして何度も目覚めてしまう、この問題は多くのオーストリア人に該当する。これは我々の生活様式が原因となっている、と研究者たちは確信している。我々の意識感覚として常時連絡が取れるようにしておくということ、そしていつでもオンラインでなければならないということ、そういう生活様式のことである。理由?我々の脳が意識的にシャットアウトすることを忘れてしまっているのである。

わたしたちは自分自身を自由にさせる能力を忘れてしまっている
英国の睡眠心理学者ネリナ・ラムラカーン http://drnerina.com/ が英国メディアに対して発言している。『わたしたちの社会とは息を付くことを一度もしない社会です。わたしたちは自分自身に対して高い要求を設定するのです、それは夜ベッドに行くときにさえもです。日常の中でわたしたちを下車させてくれたりスウィッチを切ったりさせてくれる儀式や休憩、それらをわたしたちは取り除いてしまっているのです。』

我々は自分の脳にもはや休息を与えない
我々の毎日のルーティンは今日、それぞれぎっしりと埋まっていて、たとえば小休止を取るとしてもそれをそのものとしては利用しないとのことだ。ラムラカーンはその例としてスーパーマーケットでの買い物についてこう説明する。『以前でしたら、買い物に行くとわたしたちはレジで長い列に並んで待たされたり退屈させられてしまっていました。今日にあってはわたしたちはそうした小さな隙間時間をスマートフォンの画面を見たり、電子メールの返事を書いたり、または自分のアマゾンのアカウントをざっと眺めたりすることで埋め合わせています。』

スポンサーリンク




「延命モード」の所為で我々は目覚めっぱなしになっている
無害な時間潰しのように聞こえるようですが、わたしたちの脳にとっては実に危険ですよ。というのも脳は日常生活では休息を必要とするからです、とりわけ緊張を要する活動が連続しているとそうなります。脳が常時、色々な情報で攻撃され続けていると、わたしたちは危険に晒されているのだ、と脳は受け取り、いわゆる「延命モード」に脳は入るのです。つまりアドレナリンの分泌を促し、例えば早急に調達可能なエネルギーを約束する、不健康な甘いモノを要求するのです。

ドイツ・レーゲンスブルク大学病院(精神病学と心理療法)での心理社会的なストレスと痛みを専門とするフォルカー・ブッシュ https://www.drvolkerbusch.de/ も脳は回復時間を必要とする、と認めている。外部から収集された刺激やら情報はこの回復時間中に反芻され以て新たなアイディアが生まれてくるとのこと。


この回復活動を我々の脳は忘れてしまっている
脳が長く続く色々な課題に慣れているとしても、それと同時にスイッチを切るということを忘れている。そしてこれこそが正に真夜中の、そして就寝段階での、われわれの眠りに関連している。ことに逆説的なのは、今日この日頃にあって寝入るには過去にはなかった好条件が色々と揃っている。例えば、高価なベッド、最高のマットレス、機能的な枕といった次第だ。そうでありながら気持ちの良い眠りをしている人の数は少なくなるばかり。これに対しては何が出来るのか?


睡眠障害に対するいくつかのヒント
就寝前には精神的にそして電子的にもスイッチをオフにすること、これを睡眠研究者たちは勧めている。そして自分に向かって何らのプレシャーを掛けないこと、つまり熟睡出来なかったとしてもその事実を受け入れること。重要なこととは『早朝時間に2度3度と目覚めても一向にかまわない。それは休養をもたらしてくれない。最初の2、3時間の睡眠で休養は大体取れた、それで体の方もすでに十分に回復した。』とウィーン医科大学神経学の就寝研究所の所長であるステファン・ザイデルはオーストリア日刊紙スタンダードで語っている。


なぜ日光浴は我々の助けになるのか
その他、日中に身体的に活動的であること、就寝前にはアルコールを飲まないことや満腹になるほど食べないこと、これらが助けになる。重要なこととは日中にもたくさんの日光を蓄えること。というのも日光はホルモンのメラトニンの分泌に影響を及ぼすからである。このホルモンは昼・夜というリズムを制御する。だから日中少なくとも午後4時前に少なくとも一時間、戸外に留まっているに越したことはないだろう。


ドイツ語文記事のつづき→