女医さん:乳がんについて、18才から用心するようにと勧める

 
歌手のカイリー・ミノーグ(36)は乳がんに罹っているいた。
――シドニー発
このニュースは若い女性達を不安に陥れるものだった。

というのも一般的に言って、最初のマモグラフィーを撮るのは
40才になってからと勧められるからだ。
「40才からでは遅すぎるの?」と多くの女性達が疑問に思っている。
   
ポップス界のスター、当時29才だった
アナスタシアさんが乳がんの手術をして3年たったが、
こんどは歌手のカイリー・ミノーグさんが同じ運命へと急いだ。

36才(2005年当時)になったばかりの彼女は世界興行ツアーの全コンサートを
直ぐにキャンセルした。医師団によるとチャンスは悪くはない、
この病気が初期の段階で発見されたからだとのこと。

「すべてうまく行くことを希望します、
そしてすぐに(ファンの)みなさんの前に現れることが出来ますよう願っています」と
155センチの背丈の歌手はその声明文の中で述べているいた。

彼女の音楽を仕事とする生涯は1987年に始まった。
多くのヒット曲を出したり、
セックスシンボルとしてそして
H&M社の下着宣伝用にポスターガール
となったりで、
彼女は(新聞紙上等で)色々と大見出しになった。

同歌手の代表が伝えるように、メルボルンの両親の所に滞在している際、
乳がんの最初の前兆を発見したとのこと。

ガンとどう付き合うのか
乳がんはなぜ見落とされたのか 「余命半年」の私にできること


Ärztin rät zur Vorsorge ab 18
http://www.nachrichten.at/weltspiegel/358514
SIDNEY. Sängerin Kylie Minogue (36) ist an Brustkrebs erkrankt.
Diese Meldung verunsichert junge Frauen, da im allgemeinen die Empfehlung gilt,
die erste Mammographie erst mit 40 machen zu lassen. "Ist das zu spät?",
fragen sich viele.

Drei Jahre nach der Brustkrebsoperation von Pop-Star Anastacia,
damals 29 Jahre alt, ereilt Sängerin Kylie Minogue jetzt
das gleiche Schicksal. Die erst 36jaehrige Sängerin sagte
sofort alle Konzerte ihrer Welttournee ab. Laut Aerzten stehen
ihre Chancen nicht schlecht, da die Krankheit in einem frühen
Stadium entdeckt wurde.

"Ich hoffe, es wird alles gut ausgehen und ich kann bald wieder
mit euch zusammen sein", heißt es in einer Stellungnahme
der 1,55 Meter grossen Sängerin, deren Musikkarriere
bereits 1987 begann. Schlagzeilen machte sie mit zahlreichen Hits,
als Sex-Symbol und als Postergirl für H&M-Unterwaesche.

Wie der Sprecher der Sängerin berichtet, hat Kylie Minogue
erste Anzeichen ihrer Krankheit bei einem Aufenthalt
bei ihren Eltern in Melbourne entdeckt.
    
当地オーストリアでのことですが、「男の人は、、、」と良く言われます、
 「どうして医者に行くことを嫌うのでしょうか!?」と。

 「定期的に自分の健康のチェックをすべきです」と。
  女性の方が実は積極的ですね。
  
人間、生きてゆく上で健康問題は関心事の一つでしょう。
 関心を持たざるを得ませんね。


「40才以下の人の乳がんは比較的希なことです。
 が、ありえないこともないのです(つまり、あり得えます)。
 今までにわたしが診察した一番若い患者さん(女性)は18才でした。
 ですから18才から上の女性達全員に、一ヶ月に一度は自分で
 ご自分の胸を調べることをお勧めします。

 そうする人はご自分の胸(の状態)を良く知るようになりますし、
 ちょっとした変化でも認めることが出来る可能性も大きいのです」と 
 リンツ市総合病院(LAK)の、マモグラフィーを重点的に取り扱う
 レントゲン技師の、エリザベート・グラフィンガーさんは仰る。

 定期的にマモグラフィー診断を受ける人の中ではとても若い年齢の人は
 たくさんはいません、とグラフィンガーさんは仰る。

 「若い人の密な人体組織にあっては、超音波調査による結果は
  (年取った人と比較すると)もっと出やすい。

 家族の中で誰かが既に乳がんに罹っているならば、
 半年毎の検査を勧めます、と。

 乳がんに罹る最大の危険年齢層は、統計によると、
 女性で50才から75才の間にあります、と。 


 "Brustkrebs unter 40 Jahren ist relativ selten. Aber er kommt vor.
 Meine jüngste Patientin war 18 Jahre alt.
 Daher empfehle ich allen jungen Frauen ab 18 Jahren, ihre Brust einmal monatlich
 selbst zu untersuchen.
 Wer das macht, hat grosse Chancen, seinen Busen kennen zu lernen und kleinste  
 Veränderungen zu ertasten", sagt Elisabeth Grafinger, Radiologin
 mit dem Schwerpunkt Mammographie am Linzer
Allgemeinen Krankenhaus.
 Von regelmässigen Mammographien in sehr jungen Jahren hält Grafinger nicht viel.

 "Bei jugendlich dichtem Gewebe bringt die Ultraschall-Untersuchung mehr."
 Gab es bereits Brustkrebserkrankungen in der Familie, empfiehlt Grafinger
 halbjährliche Kontrollen. Das höchste Risiko,
 an Brustkrebs zu erkranken, haben - laut Statistik -
 Frauen im Alter zwischen 50 und 75 Jahren.
Mammographie(F) röntgendiagnostische Untersuchung der weibl. Brust

ガンとどう付き合うのか


スポンサーリンク