「ハロー」と「チュース」


rektorin-petra-seibert.jpg














「ハロー」と「チュース」:「我校の生徒たちはもう正しく挨拶することができません」

パッサウにある学校の校長先生(女性)は目下、稀なる禁止で以って物議を醸し出している。校長先生は挨拶言葉の「ハロー」や「チュース」を生徒たちから耳にしたくはないのだ。


Hallo und Tschüss、
このHalloもTschuesもいわゆる挨拶言葉ということになっていますが、
勿論 Hallo は人と会ったとき、Tschues は人と別れるときに発せられるのを
よく耳にしますし、私自身、良く使います。

何故私が? 
よくよく考えてみると回りの人たちがそうしているから、またそうしているのを
目撃していたり聞いたりしているからですが。それが何か?
いわば郷に入っては郷に従うということわざがあるように、そうしている積もり。


「人気blogランキング」へも(#^ー゚)v 
応援と感謝の一クリックをDanke!♪

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

スポンサーリンク