フランス、「Mademoiselleマドモアゼル」を正式に廃止


mademoiselle.jpg













フランス、「Mademoiselleマドモアゼル」を正式に廃止




パリ発―ドイツが「Fräuleinフロイライン」を正式に廃止してから約40年が経ったが、今度はフランスも挨拶言葉の「Mademoiselleマドモアゼル」を公式文書から廃止する意向だ。


  *   *

フランス語を習い始めたのは大学生になってからだっただろうか。
第2外国語として選択した覚えがある。
本国はフランスのMadame が教室に通って教えてくれていた。
娘さんがいらっしゃるとのことだった。
先生と仲良くなって、娘さんとも知り合いになって、
本人に Bonjour Mdemoiselle! と話し掛けてみたいものだと
発音練習を一生懸命していたことを思い出します。

何年後かにフランスにやってきた。
フランス語が使えることがうれしく感じたが、
何か正式に Bonjour Madame! とか Bounjour Mademoiselle! とか 
Bonjour Monsieur ! とかを使うようなことは機会はほとんどなかった。

若者たちの間ではそんなカッタルイことは言わなかった。 
Salut! Ça va?! とかであった。


いつしかフランス語からは遠ざかってしまった。
毎日朝8時のニュースでフランス語でのニュースを
2、3分たまに耳にするだけになってしまった。

また昼過ぎの午後1時前のそれをドイツ語の、英語のニュースの続きの続きとして
そのまま耳にすることのみ。
フランス語でのニュースも耳には新鮮に聞こえるものだ。

旅の指さし会話帳〈17〉フランス―ここ以外のどこかへ!
フラ語入門、わかりやすいにもホドがある!(CD付・改訂版)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

スポンサーリンク