自殺の置手紙?


英国の母親、息子の課題文を自殺の置手紙と間違える

「愛するママへ、ぼくはお別れの手紙を書いています。ぼくを産んでくれてありがとう」云々と14才の英国少年の手紙の一行目には書かれている。宛名人にとってはショック。



「人気blogランキング」へも(#^ー゚)v 
応援と感激の一クリックをDanke!♪

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

スポンサーリンク