オーストリアの人たちは裸になることが特に大好き?

FKK:Österreicher haben es gern besonders freizügig ドイツ語記事解説→


FKK:Österreicher haben es gern besonders freizügig 

Laut einer internationalen Umfrage lassen Österreicher beim Baden am liebsten
 die Hüllen fallen.

Wenn es nach einer Umfrage des Online-Reisebüros Expedia geht,
 ist keine andere Nation weltweit lieber nackt am Strand als Österreicher.
http://kurier.at/reise/fkk-oesterreicher-haben-es-gern-besonders-freizuegig/204.239.335 15 Juni 2016

FKK: オーストリアの人たちは裸になることが特に大好き?


国際的なアンケート調査によるとオーストリアの人たちは水浴の際、水着なし(真っ裸)が一番の好みである。
  
オンラインの旅行代理店である Expedia社のアンケート調査によると、世界中どこを探してもオーストリア国ほど海岸では寧ろ真っ裸であることを好む人たちはいない。
     

Demnach gaben 40 Prozent der österreichischen Frauen bei einer Befragung in 25 Ländern an, sich schon einmal oben ohne an einem Strand gesonnt zu haben.
28 Prozent der heimischen Männer waren schon einmal völlig nackt beim Sonnenbaden –
den Studienergebnissen zufolge ein weltweiter Rekord.
Bei den Damen lassen zwar nur vier Prozent alle Hüllen fallen, doch auch damit liegen
die österreichischen Frauen weltweit vorn.

25ヶ国でのアンケート調査ではオーストリアの女性たちの40パーセントが海岸で一度はオーベンオーネ(ノーブラ)で日光浴をしたと認めた。オーストリアの男性たちの28パーセントは既に一度は真っ裸で日光浴をした----ということで調査の結果によるとこれは世界記録である。女性たちの場合はたったの4パーセントが真っ裸になっているが、それでもオーストリアの女性たちは世界のトップにある。

FKK geht klar FKKは何ら恥じることはない

Für eine große Mehrheit von 76 Prozent sind Strandbesucher, die sich entweder
nackt oder oben ohne sonnen, völlig in Ordnung.

Nur knapp ein Viertel (24 Prozent) der Österreicher fühlt sich neben ihnen
am Strand unbehaglich. Ähnlich liberal zeigen sich im europäischen Vergleich
nur noch die Deutschen (72 Prozent) und die Franzosen (65 Prozent).

Wenig verwunderlich, waren die deutschen Nachbarn im vergangenen Jahr selbst
noch "FKK-Weltmeister". Seit diesem Sommer sind sie den Titel aber los,
denn während nur jeder vierte Deutsche (25 Prozent) angibt, schon einmal nackt
am Strand gewesen zu sein, hat bei den Österreichern bereits fast jeder dritte
(28 Prozent) diese Erfahrung gemacht.

Am prüdesten sind laut Expedia-Umfrage übrigens die Italiener eingestellt:
71 Prozent gaben an, sich neben nackten Strandnachbarn nicht besonders wohl
zu fühlen.

過半数を上回る76パーセントの人たちは海水浴客たちであるが、この人達にとっては自分自身が真っ裸で、またはノーブラで日光浴することに何ら問題もない。

さて、オーストリア人のほぼ4分の一(つまり24パーセント)は海岸で裸でいる人達の隣にいると気持ちが落ち着かない。オーストリア人と同じように自由に見せる他のヨーロッパ人とはドイツ人(72パーセント)とフランス人(65パーセント)だけである。

少しも不思議ではないこと、それはオーストリアの隣国のドイツの人たちが昨年、「FKK世界チャンピョン」だったことだ。でも今夏(2016年)以降このタイトルを手放している、というのもドイツ人のたったの4人に一人(25パーセント)は海岸で一度は裸になったと認めているが、オーストリア人は既にほぼ3人に一人(28パーセント)がこの経験をしていたからだ。

Expedia社のアンケート調査によるとイタリア人たちが一番取り澄ましている。イタリア人の71パーセントが海岸で裸の隣人がいると全然気持ちが宜しくないと告白した。


ドイツ語ジョークボックス
服を脱ぐことは禁止ではない?!


ドイツ語ジョークのオアシス
フランス語のH、スペイン語のH、ドイツ語のH、どれもエッチではない?! そういえばイタリア語のHも?



何年か前にオーストリアはリンツにやってきて住むようになった。
その夏のある日、一度リンツ市郊外の湖へと水浴に招待され一緒に行ったことがあった。

一日の水浴を終えて駐車場へと向かう途中、茂みの中の細い道を一人遅れて歩いていたら、
同じ一本道の反対方向から上半身何も着けていない(いわゆるオーベンオーネ)若い女性二人が
何の恥じらいもなく仲良く肩(胸?)を並べて向かってきた。凄い度胸!?
 
当時わたしは若干近視だったので何となくぼやけたように見えたのですが、
それでも実に均整の取れた素晴らしい胸を目の当たりにして、
刹那狐につままれたかのようで内心どぎまぎしている自分を感じながらも
通り過ぎてゆくのを脇から眺めていたことが今でも思い出されます。
強烈な印象でした。
  
何10年かが経った今日、たまたまこのドイツ語記事の続きを読み進めていたら、
リンツ郊外にはFKKオーケーの湖が紹介されていた。
その湖の別の箇所に特別設置されているようです。
当時、そんな箇所があるとは全然知りませんでした。
誰も教えてくれもしませんでした。

あの当時の、シーンが今もって目に焼き付いたまま消えずに記憶に留まっていますが、
呆気にとられた理由が、多年の疑問が始めて氷解した次第でした!