人気記事
    スポンサーリンク



    ブログ内検索



    ドイツ語にエスツェットの大文字が正式に誕生

    ドイツ語を外国語として学んでいる皆様への新しいニュースです。

    いわゆる「エスツェット」と呼ばれるドイツ語アルファベットがあります。
    ご存知のことでしょう。
    ドイツ語を学んでいるとどうしても目にします。
    目にしたくないと言っても目に入ってくる時には入ってきます。

    それをコンピューター用のキーボードで打とうとしようとも
    見つからない時があって苦労された方もいらっしゃったことでしょう。
    実は日本にいた時のわたしでした。

    幸いに私のキーボードはヨーロッパにやってきてからはいわば強制的に
    ドイツ語のアルファベットが打てるようになっていますから、
    この「エスツェット」も苦労せずに打ててしまいます。

    この「エスツェット」は小文字として打たれます。打たなくても良いのですが、
    打とうと思えば打てます。思わなくても打てるようになっています。

    打つ時には何の指を使うかご存知ですか。
    指一本打ちの達人を見たことがありますが、
    その人にとっては何でもかんでも人差指?

    何の指を使うか、もちろん手の指ですね。
    どの指かというと、両手打ちの人は大抵子指で打とうとして
    別のキーを打ってしまうことがしばしばですね。
    経験者は語るです。

    でも大文字の「エスツェット」はないです。

    聞く所によるとスイスはこの「エスツェット」を廃止したということです。
    スイスでは全然使われていないというのでしょうか。

    とにかく、今回始めて小文字に加えて大文字の「エスツェット」が登場する
    ことになったそうです。

    外国人としてドイツ語を学んでいる人たちにとっては、それがどうだというのだ!?
    という疑問がふ〜っとわいてくるかもしれませんね。


             *  *

    どうして大文字の「エスツェット」が導入されたのでしょうか?
    外国人ドイツ語学習者にもっと頑張ってもらいたい、
    習得には大いに苦労して貰いたいとの配慮からでしょうか、どうなんでしょうか。
    別に小文字でも大文字でもあまり影響はありませんよね。

    Die deutsche Sprache hat jetzt offiziell
    ein großes "scharfes S"

       
    Eszett
    Die deutsche Sprache hat jetzt offiziell ein großes "scharfes S"

    21 Jahre nach der umstrittenen Rechtschreibreform ist
    das amtliche Regelwerk erneut an einigen Stellen geändert worden -
    aber in viel kleinerem Ausmaß. Nach Beschluss des Rats für deutsche
    Rechtschreibung gibt es nun das "scharfe S" auch offiziell als
    Großbuchstaben. Es sieht aus wie ein Mittelding zwischen dem bisherigen,
    klein geschriebenen "ß" und einem groß geschrieben B.
    http://www.kleinezeitung.at/oesterreich/5243383/Eszett_Die-deutsche-Sprache-hat-jetzt-offiziell-ein-grosses-scharfes-S
    → ドイツ語文法暗示的解説


    ドイツ語に大文字エスツェットが正式に誕生
     
    エスツェット

    議論の多い正書法改革から21年が経ったが、官庁的な規則作業が新たに何箇所かで変更となった。とはいうものの小範囲に渡ってたくさんある。ドイツ語正書法協議会の決定により今や、所謂「鋭い S」が公式的に大文字としても存在することになる。これは今まで小文字として書かれていた "ß"  と大文字として書かれていた B との折衷のように見える。


    Vor allem für die korrekte Schreibung von Eigennamen in Pässen und Ausweisen
    sei dies wichtig, teilte der Rat am Donnerstag in Mannheim mit. Bisher hatten
    zum Beispiel Menschen mit dem Nachnamen Oßner ein Problem: Wenn in einem
    Ausweisdokument wegen der Großschreibung der Buchstaben anstelle des "ß"
    ein Doppel-"S" steht, bleibt unklar, ob sie "Ossner" oder "Oßner" heißen.

    とりわけパスポートや身分証明書に自分の名前を正しく書くためにはこれは重要です、とドイツ語正書法協議会が木曜日(2017年6月29日のこと)、マンハイムで発表した。今までにたとえば姓名が Oßnerオースナーという名前の人たちには問題が一つあった。身分証明文書に ”ß"の代わりに大文字の S 二つのアルファベットを大きく書いた為に、それが Ossner なのか Oßner を指すのかはっきりしない。


    Amtlich zulässig ist jetzt auch die Großschreibung des Adjektivs in Fällen
    wie "Goldene Hochzeit" und "Neues Jahr". Darüber hinaus passte der Rechtschreibrat
    einzelne Wortschreibungen an den weit überwiegenden Schreibgebrauch an.
    Er strich zum Beispiel die eingedeutschte Schreibweise "Ketschup",
    die kaum verwendet wurde - zulässig ist jetzt nur noch "Ketchup".

    官庁での使用が認められるものとしては、例えば ”Golden Hochzeit”や”Neues Jahr" といった場合のように形容詞を大文字で書くこともです。

    さらには同協議会は広く使われている書き方に対してそれぞれ一つの書き方に調整した。例えば(英語から)ドイツ語化された書き方の
     Ketschup ですが、これは殆ど使われていなかったので、これを端折り、今回、Ketchup と書くことを良しとしています。

    Ungebräuchliche Varianten 不使用の変形

    Auch andere ungebräuchliche Varianten fallen weg, müssen also zum Beispiel
    bei Schuldiktaten als Fehler angestrichen werden. Zum Beispiel "Grislibär"
    (amtlich erlaubt ist nur noch Grizzlybär), "Joga" (nur noch: Yoga),
    "Komplice" (Komplize), "Roulett" (Roulette), "Varietee" (Varieté),
    "Wandalismus" (Vandalismus).

    他にも不使用の変形が消えます。ということで例えば学校でのディクテーションテストでは間違いとして棒線が引かれます。
    例えば、"Grislibär"は不可、 (官庁では Grizzlybär だけがまだ使用可)
    "Joga"は不可、 (Yoga だけが使用可)
    "Komplice" は不可 (Komplize) は使用可
    "Roulett" は不可、 (Roulette) は使用可
    "Varietee" は不可、 (Varieté) は使用可
    "Wandalismus" は不可、(Vandalismus)は使用可


    Die Rechtschreibreform von 1996 hatte zu leidenschaftlichen Debatten geführt.
    Jahrelang tobte ein Streit um die richtige Schreibweise von Delfin oder Delphin,
    Fuss oder Fuß, Schifffahrt oder Schiffahrt. Der daraufhin eingesetzte Rechtschreibrat
    suchte nach Kompromisslösungen und sollte dafür sorgen, dass der "Sprachfrieden"
    wiederhergestellt wurde.

    1996年の正書法改革は激しい論争になった。何10年にも渡って正しい書き方について紛争が荒れ狂った。
    つまり Delfin と書くのか、それとも Delphinなのか、Fuss と書くのか、それとも Fuß なのか。Schifffarht と書くのか、それとも Schiffarht なのか。紛争の後で設立された正書法協議会は妥協案を探し求めた、そしていわゆる「言語平和」が復帰されることに意を用いてきた。


    Seit 2004 ist der Rat die maßgebliche Instanz in Fragen der Orthografie.
    Er hat Mitglieder aus Deutschland, Österreich, der Schweiz,
    dem Fürstentum Liechtenstein, der Autonomen Provinz Bozen-Südtirol und
    der Deutschsprachigen Gemeinschaft Belgiens.
    Die deutsche Kultusministerkonferenz und die staatlichen Stellen
    der anderen Länder bestätigten die neuen Änderungen, die der Rat beschlossen hat,
    und machten sie damit wirksam.

    2004年以来、同協議会は正書法の問題(ドイツ語単語のスペリング問題)について基準を与える権威となっている。ドイツ、オーストリア、スイス、リヒテンシュタイン、ボーゼン南チロル自治領そしてベルギー国ドイツ語共同体がメンバーとなっている。

    Die deutsche Kultusministerkonferenzドイツ国州文化相会議?及びその他の国々の当該国家機関は同協議会が決定した今回の変更事項を承認した、以って決定事項は当該諸国では有効であるとした。
    いつも応援ありがとうございます。
    ↓ どうぞお帰り前にワンクリック
    「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
    Danke schön!♪
     


    posted by Deutschleser at 03:39 | ドイツ、ドイツ人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする