人気記事
    スポンサーリンク



    ブログ内検索



    お庭を演出すること、
    ドイツのお隣さん同士のお庭紛争、ナンバーツー

    樹木を植えること、採伐すること、ドイツのお隣さん同士のお庭紛争、ナンバーワン

    2 Gartengestaltung お庭を演出すること
    Ob in Ihren Garten Wildwuchs herrscht, Hunderte Gartenzwerge den Rasen bevölkern
    oder an jeder Ecke prächtige Blumenbeete wuchern:Ihr Garten gehört Ihnen.
    Deshalb dürfen Sie ihn auch gestalten, wie Sie möchten. Ihr Nachbar hat
    kein Mitspracherecht. Aunahme: In der Nähe von Spielplätzen dürfen keine
    giftigen Pflanzen etwa Goldregen, angeplfanzt werden.

    あなたのお庭がいわゆる雑草で一杯になっていようとも、あのお庭の小人さんたちが何百人といった風に(これはちょっと大袈裟では? それともそんなお宅もあるのかしらん? 訳者)芝生に集合していようとも、またお庭のそれぞれの隅には豪華なお花畑が生えていようとも、何はともあれあなたのお庭はあなたのもの。ですからあなたは自分の好きなようにお庭を演出することも許されるのです。お隣さんには口を挟む権利はありません。例外として、(子供の)砂場の近くには Goldregen(直訳すると 黄金の雨? 日本語名は キングサリ?)といった毒植物を植えることは許可されません。

    そうそう、お庭の中に時々、散見されるあの小人像(「白雪姫と7人の小人」から?)、あれは私の目には興醒めですね。いわゆる Kitsch と言われるものですが、こちらの人(ヨーロッパの人のこと、ですが)は好きなんですね。それとも売られているものを買ってくるだけのこと。自分の庭に飾る。メルヒェンが大好きなお宅なのかもしれませんが。

    まあ、上でも説明されていますように、自分の庭はいわば自分の城とでもいえるのですから、
    何を置こうと何をしようと自分の自由勝手ということなのですね。

    自分の庭ではヌードで立ち回ることも許されるとどこかで読んだ覚えがあります。
    ビキニで夏の暑さを凌いでいる女性もいらっしゃるようです。そんな光景を目に
    してしまうお隣さんがどうおもっているか、関係ないということにもなるのでしょう。

    殺風景なお庭もあれば、退屈なお庭もある。
    尤もどこの家でも自分の領地を丈の高い生け垣やらで囲んでしまい、
    外部の人たちからの視線やら覗き見を完璧にシャットアウトしているところもありますね。

    まさに夏暑しお隣さんは何をする人ぞ?

    それにしても最近の流行でしょうか、お庭にトランポリンが置いてある(ということはオーストリアでも有名なディスカウントショップが販売しているから、そこで購入して来るとも考えられますが。
    ちっちゃな女の子たちが歓声を上げながらぴょんぴょん跳ねているのが見える。

    またどこのお宅にも、というわけではないのでしょうが、お庭にプールが作られている。
    これもお庭にはなくてはならないもののひとつといった風情になっているかのようでもありますね。

    つづく→ バーベキューの臭い
    いつも応援ありがとうございます。
    ↓ どうぞお帰り前にワンクリック
    「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
    Danke schön!♪
     


    posted by Deutschleser at 22:46 | ドイツ、ドイツ人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする