人気記事
    スポンサーリンク



    ブログ内検索



    五つ星ホテル客と四つ星ホテル客の違い?


    Gäste von 5-Sterne-Hotels bevorzugen teueres Diebesgut
    五つ星のホテル客は値の張るモノを好んで持ち去って行く


    Insgesamt wurden 569 Hoteliers von 4-Sterne-Häusern sowie 457 von 5-Sterne-Hotels befragt,
    um das Diebesverhalten in Abhängigkeit vom Wohlstand der Gäste zu ermitteln.
    Dabei tritt Erstaunliches zu Tage: “Greed is good” scheint gerade bei betuchten
    5-Sterne-Gästen ein zuverlässiges Motto zu sein.

    全部で四つ星ホテルが569軒、五つ星ホテルが457軒、質問を受けた。ホテル客の裕福振りが窃盗態度にどう表れるのものか、と。驚くべきことが明らかになっている。「欲張りは良いことだ」いうモットーが裕福な五つ星ホテル客にあっては自認されているようだ。


    So ist etwa die Wahrscheinlichkeit, dass hochwertige TV-Geräte
    aus dem Zimmer geklaut werden, bei Gästen im 5-Sterne-Segment
    10,4-fach höher als bei Reisenden in 4-Sterne-Hotels.
    Ebenso sind Kunstwerke in Luxushotels ein begehrtes Objekt der Begierde
    (4,5-mal höhere Diebstahl-Wahrscheinlichkeit). Auch Tablet PCs und
    Matratzen werden in 5-Sterne-Häusern häufiger entwendet.

    高価なテレビ受像機が客室から盗まれることはまあ有り得ることとして、五つ星ホテルの客たちの方が四つ星ホテルの客たちよりも10.4倍もその盗む率が高い。豪華ホテルにあっては美術品も欲しがる人の対象物になっている(五つ星ホテルでは四つ星ホテルよりも4,5倍も盗難率が高い)。PCタブレットやマットレスは五つ星ホテルからしばしば持ち出される率が高い。


    4-Sterne-Gäste begnügen sich hingegen mit weniger spektakulären Geschenken:
    Handtücher und Kleiderbügel sind bei ihnen tendenziell beliebter
    als bei 5-Sterne-Gästen, praktische Utensilien wie Batterien und
    Fernbedienungen klaut der 4-Sterne Hotelgast mit besonderer Wonne

    (2,7-mal bzw. 4,0-mal häufiger als der 5-Sterne Reisende).

    一方、四つ星ホテル客はそんなにスペクタルなものではないお土産品で満足している。手ぬぐい、ハンガーが四つ星ホテルの間では五つ星ホテル客よりも傾向としては好まれている。

    実際に使えるモノ、例えば電池とかリモコンといったものを四つ星ホテル客は特に浮き浮きしながら盗んでゆく(五つ星ホテル客と比較して電池は2,7倍、リモコンは4倍も回数が多い)




    それら盗難品は結局どういう ”運命”を辿るのでしょうか。
    取り返される? 取り返すべくホテル側は捜査の手を伸ばしている?
    現場を捉えた場合には当たらないから、捜査は難しいということになるのでしょうか。

    ホテル側としては盗まれたモノは何であれ一応、いわゆる ”消耗品”と捉えているのでしょうか。


    ホテル客が泊まった部屋の中から何をかがなくなっていると知るのは誰なのでしょう? 

    先ずはホテルの従業員でしょうか、ホテルの管理人でしょうか、ホテルの従業員の責任者でしょうか。ホテルの従業員の仕業だったな〜んていうことだって有り得ないこともないでしょうね、探偵小説を読んでいるとそうした灯台下暗し的なこともよく記述されています。実際にはどうなのか、仮想されるに過ぎないかもしれませんが。
    お互いに不審な目で働いているとしたら仕事も満足遂行されなくなってしまうので
    そうしたことが実際に起こっているのどうなのか、わたしは分かりません。

    何かがなくなっていると見て分かるものとしては大きなモノでしょうね。
    壁に掛かっているLSDテレビは確かに目につきます。壁に掛かっていたものが
    見えないとなると、その部屋に宿泊したホテル客が持って行った、
    掻っ払っていったと想定するのが自然でしょうか、普通でしょうか、論理的でしょうか、
     
     ホテルから何かがなくなっているとしるのは誰でしょう?
     勿論、ホテルの人たちでしょう?
     
     それともホテルの常連客でしょうか。今まではあったのに、今はない、
     ということを発見することも稀ではないでしょう。それともホテル側で模様替えしたとでも
     考えて別に不思議がることもないのかも?
    いつも応援ありがとうございます。
    ↓ どうぞお帰り前にワンクリック
    「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
    Danke schön!♪
     


    posted by Deutschleser at 01:49 | 信じられない!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする