女性の理想体型を追求するバカバカしさ!?

Schönheitsideale: "Hört auf, eure Körper wie Mode zu behandeln"
 
Cassey Ho verbildlicht mithilfe von Photoshop, wie unsinnig es ist,
einen "perfekten" Körper haben zu wollen.
  
Was als perfekt gilt, ändert sich ständig. Wie extrem die Unterschiede
bei der Wahrnehmung eines "idealen" Körpers sind, hat Cassey Ho
auf ihrem Instagram-Account verdeutlicht.
Die Bloggerin hat mittels Photoshop ihre Statur jeweils so verändert,
wie sie in den vergangenen Jahrzehnten und Jahrhunderten
als erstrebenswert galt.
https://kurier.at/style/schoenheitsideale-hoert-auf-eure-koerper-wie-mode-zu-behandeln/400340611
ドイツ語文記事のつづき→

ドイツ語記事試訳  
女性の理想体型: 
『あんたたち、自分のボディーをファッションのように取り扱うのは止めなさいよ』
 
 
ケイシー・ホーはフォトショップを使っていわゆる「完璧なる」ボディーを得ようとすることの馬鹿馬鹿しさを絵で見せてくれている。
Cassey.jpg
何が完璧と見なされるのか、それは常に変化する。いわゆる「理想の」ボディーとは何なのか、その捉え方には極端な相違があることをケイシー・ホーは自分のインスタグラム・サイトで示している。

同女性ブロッガーは過去何10年間や何百年間に身体の理想美とされたものをフォトショップを使って自分の体型をそれぞれ変化させてみせた。

スポンサーリンク




美の基準は歴史的にいつも行ったり来たり

2010年以来、大きなお尻、それに細い腰、そして厚くふっくらとした唇、これらがモットーとなっている。これは極端な変化である、というのも1990年代の初っ端ではまだ「ヘロインシックな」女性たちは極端に細くなるという理想、殆ど子供のようなシルエットに該当します、それを達成するために出来るだけ少なく食べることに腐心した。骨が見えるということ、これが美と見なされていた。

更に加工を加えた写真の一つで1950年代には全く逆のことが当て嵌まっていたとホーは見せてくれている。マリリン・モンローのような外見を欲した女性たちは体重を増やすために薬物を服用するということさえもやった、1920年代にあってはまだ小さなバストやボーイッシュなスタイルは流行っていなかったのにも拘わらず。

殆ど信じられないことだが、1700年まで女性たちは細身であることをどんな場合であっても欲さなかった、とにかくボディーの大きく張り出たカーブが裕福さの印と見なされていた。

『どうしてわたしたちは自分のボディーをファッショの如く取扱のでしょうか?』とケイシー・ホーは自分の投稿で疑問を呈している。『バストは流行らなくなった、お尻が流行りだした、で、現実とは、わたしたちのボディーに手を加えることはファッショに手を加えることよりももっと危険なことだということです。あんたたち、自分のボディーをファスト・ファッションのように放り出すのは止めなさいよ』。同女性ブロッガーはフォロワーたちに自分のボディーを愛しなさい、尊敬しなさい、そんなふうに取り扱うようにと要請している。『そして美の理想に自分を隷属させないこと。あんたたち、自分のボディーを愛しなさいよ、だってそれがあ な た の完璧なボディーなのだから』。

この記事へのコメント