リナックス市場占有率過去一ヶ月で2倍増

Dank Homeoffice: Linux-Marktanteil verdoppelt sich innerhalb eines Monats
Starkes Wachstum auf allerdings niedrigem Niveau – Chrome und Edge legen bei Browsern zu, IE und Firefox verlieren
https://www.derstandard.at/story/2000117350463/dank-homeoffice-linux-marktanteil-verdoppelt-sich-innerhalb-eines-monats
7. Mai 2020, 16:36 326 Postings 

ホームオフィスのお陰で、Linux リナックスの市場占有率が一ヶ月以内に倍加
力強い増加ではあるが低レベルでのこと。ブラウザーの中ではChrome クロムや Edgeエッジが増加している、Internet explorerインタネットエクスプローラとFirefox ファイアフォックスは負けている。

Die Coronakrise hat den Alltag vieler Menschen in den vergangenen Wochen von Grund auf umgekrempelt. Der Fokus auf das Homeoffice führt dabei nicht nur dazu, dass Anwendungen wie Videochat eine ganz neue Relevanz zukommt, es verschiebt sich auch sonst, welche Software genutzt wird. Und das führt nun zu einem interessanten Effekt.

コロナ危機のために多くの人達の日常生活が過去数週間、根本的に変化してしまった。ホームオフィスに焦点を合わせるということでその際、ビデオチャットといったものの使用が新規にお目見えしただけでなく、どのソフトウェアを使うのかということにも変化を来している。で今やそれ故に面白い結果が導きだされている。

Zahlen 数字
Die Nutzung von Linux am Desktop hat sich innerhalb eines Monats mehr als verdoppelt. Dies ergibt sich aus den aktuellen Zahlen von NetApplications. Lag der Marktanteil des freien Betriebssystem unter Desktop-Usern im März noch bei 1,36 Prozent, so werden im April nun 2,87 Prozent ausgewiesen. Noch immer kein riesiger Wert, trotzdem doch eine deutliche Verschiebung.

ホームオフィスのお陰でデスクトップコンピューター上でのリナックスの使用が一ヶ月以内に二倍以上増加した。NetApplicationsの現行の数字で明らかになっている。デスクトップ・コンピューターのユーザーの間では同フリーのオペレーティングシステムの市場占有率はこの3月(2020年)、1.36%であったが、4月には2.87%の上昇となった。相変わらずとても大きな数値ではないが、それにも拘らず明らかに変化している。

Und zwar eine die vor allem auf Kosten von Microsoft geht. Windows bleibt zwar mit 86,92 Prozent weltweit weiter das alles dominierende Betriebssystem, das ist aber auch der schwächste Wert seit langem. Neben Linux profitiert davon übrigens auch Apples macOS, das ebenfalls um 0,81 Prozentpunkte zulegen kann – und jetzt schon fast an der 10-Prozent-Marke ist. Mit Chrome OS gibt es übrigens noch ein weiteres Linux-basiertes System in der Liste, dieses wird mit 0,40 Prozent noch einmal extra ausgewertet.

でこれは特にマイクロソフト社の犠牲によるところが大きい。ウィンドウズは世界全体で相変わらず86.92%の占有率でトップのオペレーティングシステムとして留まっているが、それでもこの占有率はこれまででの長い間最も脆弱な数値である。ところでリナックスと並んでアップル社の macOSも利を得ている。つまり0.81%の増加が見込める。ということで今や市場占有率がほぼ10%の商標となっている。ところでクロムと並んで評価リストにはリナックスをベースとした別のシステムが存在するが、これの占有率が0.40%ということでもう一度特別に評価されている。(具体的な名称は出していないですねー訳者ー何だと思いますか?)

Browser ブラウザー
Gewisse Verschiebungen gab es auch bei den Browserzahlen: So erreicht der Chrome mit 69,18 Prozent (+0,68) einen neue Höchstwert. Dies geht vor allem auf Kosten des Internet Explorer, Firefox bleibt mit einem Plus von 0,06 Prozentpunkten hingegen weitgehend unverändert. Auf dem aufsteigenden Ast ist hingegen derzeit Microsoft Edge, der mit 7,76 Prozent (+0,17) die zweite Position am Browsermarkt behauptet. (apo, 7.5.2020)

ある種の変動がブラウザー総数についても存在する。例えばChrome クロムは69.18%(0.68%増)で新たな最大値だ。これはことにマイクロソフト社の Internet Explorer インタネットエクスプローラが犠牲となっているお陰。Firefox ファイアフォックスにあっては0.06%のプラスということで相変わらず変動はしていない。一方伸びつつ枝としてマイクロソフト社の Edge エッジが目下、7.76%(0.17%増)ということでブラウザー市場では第2位を占めている。





              ☆   ☆

上のドイツ語記事を通読すればお気づきになるかと思いますが、ヨーロッパでは日本やアメリカと違って、数字の少数点の取り扱いが見た目にもちょっと違っているのが了解されるでしょう。ヨーロッパはコンマが使われます

いつしかマイクロソフト社のオペレーティングシステムは首位の座を奪われることになるのではないか、というのがリナックス開発者たちの思惑と大きな願望ではないかと思います。

リナックスに乗り換えなさい、リナックスはこうこうといった利点がウィンドウズと比較してたくさんありますよ、と一般ユーザーに囁き続けてきていたようです。その囁やきはわたしも耳で聞いたり目で見たりもしてきましたが、如何せん、長年慣れ親しまさせられてきた身にとっては何となくとっつきにくいと感じていたのは否めません。

それでもWindows7のサポートなしを契機に乗り換えようと試みましたが、やはりMS社の影響は大きくて、慣れないが故にWindows10にアップデートしてしましました。Windows と Linux のデュアルブートも試みましたが、2つが一緒に並んでいると、やっぱり慣れているWindowsを率先して立ち上げてしまいますよ。デュアルブートは諦めました。

今日(2020年5月9日)Windows 上に仮想化マシーンをインストールして、その上に別のオペレーティング・システムをインストールするということをしてみました。まずは昔懐かしのWindows7をまたインストールしました。Windows 7の入ったハードディスク(ブートしなくなってしまた!)からデーターを取り出したいのです。あとで気が向いたらリナックスをインストールするかもしれません。



ところで、このドイツ語記事についての読者からのコメントが結構たくさん集まっていますね。
ちょっとした驚きです。全部一気には読みきれません。疲れます。

だから全部は読んでいませんが、今回のコロナ禍によって学校は休校、生徒たちは自宅で学校側から支給されたコンピューターを利用してお勉強する羽目になってしまった。そのコンピューを開けてみれば、無料のリナックスがインスール済ということもリナックス使用者数増加に加担しているように思いました。自宅にいる時間が長いので、何か別の新しいことをやってみようという人たちもたくさんいるようです。つまりリナックスを使ってみようか、と。

この記事へのコメント

スポンサーリンク