中国、米国のTiktok閉鎖は”いやがらせ”

China bezeichnet US-Sperre von Tiktok als "Schikane".

Im Streit um die Videoplattform Tiktok hat die chinesische Regierung den USA "Schikane" vorgeworfen und mit Gegenmaßnahmen gedroht. Washington müsse sein "unrechtmäßiges Handeln einstellen und faire und transparente internationale Regeln einhalten", heißt es aus Peking. Andernfalls werde man "notwendige Maßnahmen" ergreifen, um die Rechte und Interessen chinesischer Unternehmen zu schützen. Die US-Regierung hatte zuvor angekündigt, das Herunterladen der chinesischen App auf Handys in den USA ab Sonntag blockieren zu wollen. Präsident Donald Trump verdächtigt Tiktok der Spionage für China.
aus DW Moregen Nachrichten 19.Sept2020

中国(政府)は米国(政府)によるTiktok閉鎖を”嫌がらせ”と称する

ビデオプラットフォームTiktokを巡っての紛争で、中国政府は米国の”嫌がらせ”だと非難した、で(中国政府としては)対抗措置を取ると脅した。ワシントン(米国政府筋のことでしょう)はその”不正な行動を中止し、公正で透明な国際規則に従うべきである”と北京からの反応。でなければ中国企業の権利と権益を守るためにも”必要な措置”を取るだろうとのこと。米国政府は、米国内での当該中国製アプリの携帯電話へのダウンロードをこの日曜日(2020年9月20日のこと?)から阻止したいと既にその前に発表していた。ドナルド・トランプ大統領はTiktokは中国(政府)のためのスパイ行為であると疑っている。




         *  *

さあ、これからどうなるのでしょうか。
私一個人としてはなんらの影響もありませんが。
米国に住む当該個人個人には影響が出るのでしょうか。
好影響でしょうか、悪影響でしょうか。


またまた中国と米国との”経済戦争”とでも称せましょうか。
または”スパイ合戦”でしょうか。

個人の、企業のデーターを密かに集めて何をかの目的のために使用していることは
別に新しい認識でもないでしょう。

多かれ少なかれ大っぴらではないにしろ、我々の知らないところで、知らない内に個人情報は
収集されているかのようです。

昨今は個人情報の漏洩やら誤用を防ぐためにそれなりの措置が取られているかのようにも見えますが、
どうなんでしょうか。

新しいウェッブサイトを開くとクッキーに関しての設定について同意するか、しないか、
といった問い合わせが昨今はよく出てくる。

同意しないと其のサイトを開かせてくれなかったり、見せないまま消えてしまったり。
ウェッブサイトの管理者は見せる代わりにユーザーの個人情報(クッキー)が欲しくてたまらないらしい。
そんなにも美味しいのでしょうか。



インターネット上での個人情報、企業情報、政府情報の獲得に躍起となっている人やら企業やら政府
はこの世界にはいないとは絶対には言えないでしょう。

過去にはスパイ事件はいくつもあったし、今日にあってもあると言えるでしょう。
インターネットが便利になったと言え、害悪も伴っているのが現状のようです。

個人のユーザーとしては何が出来るというのでしょうか!?




以前、中国は米国のグーグル社の活動を禁止したのか阻止したのか、
もう良くは覚えていませんが、いまはどうなっているのでしょうか。

グーグル社のアプリ(例えば、グーグル製のウェブブラウザ)は
中国でも使えるようになっているのでしょうか。

トランプ大統領、中国製アプリのダウンロード阻止をしようと思えばできてしまうのでしょうね!?

この記事へのコメント

スポンサーリンク