「今年の全仏オープンテニスに参加できるかは不確かだ」とラファエル・ナダル

ご存じのことと思いますが、
全仏オープンテニスはパリで
2024年5月20日(日)~6月9日(日)まで開催予定。


FRENCH OPEN
全仏オープン
Rafael Nadal zweifelt an seinem Antreten 
ラファエル・ナダルは(2024年全仏オープンテニス)参加に懐疑的
Tennis-Superstar Rafael Nadal hat Zweifel,
ob er in gut einem Monat bei den French Open in Paris wird antreten können.
テニススターのラファエル・ナダルは一か月強にパリで開催される全仏オープンテニスに参加出来るものかどうか、この点について懐疑的である。
https://www.kleinezeitung.at/sport/sommersport/tennis/18402295/rafael-nadal-zweifelt-an-seinem-antreten

Tennis-Superstar Rafael Nadal hat Zweifel, ob er in gut einem Monat
bei den French Open in Paris wird antreten können.
Der von Verletzungen geplagte Spanier spielt diese Woche
beim Masters-1000-Turnier in Madrid, fit fühlt er sich aber nicht.
Der 37-Jährige gab in einer Pressekonferenz an,
dass er von seiner Topform weit entfernt sei und
es ein persönliches Opfer sei, in der Hauptstadt seines Heimatlandes-
in Runde eins gegen den US-Amerikaner Darwin Blanch - zu spielen.

テニス界のスーパースター、ラファエル・ナダルは懐疑的だ、一か月強後にパリで開催される全仏オープンテニスに参加出来るものかどうか、と。怪我に悩まされているスペイン出身の本人は今週、マドリッドでのマスターズ1000でプレーするが、自分としてはフィットしているとは感じていない。37歳の本人は記者会見で述べたが、自分のトップフォームから程遠い状態にあり、自分の出身国の首都で第一戦目に米国人のダーウィン・フローンチと対戦することは自己犠牲である、と。

本日(2024年4月25日)午後5時開始予定、最初の対戦相手は20歳も年下のティーンエージャー。
ナダル、負けたら格好悪いと私個人的には思ってしまいますが、ナダル本人はいかがでしょうか。

ナダル本人としては負けられないとしてプレーに臨むことは確かでしょう。
負けるためにプレーする選手はいないはず。でも実際に戦ってみないと最終結果は分かりません。
勝つだろうと予想は出来ても、予想とは裏腹に負けてしまうことだって無きにしも非ず。
勝ち続けて貰いたいものです。

ナダルの引退も噂れる今日この頃ですが、引退がまじかに迫っていても負けないナダルを応援します。



„Wenn ich heute in Paris wäre, würde ich da nicht spielen“,
sagte Nadal am Mittwoch in einer Pressekonferenz.
Es sei ihm aber wichtig, ein letztes Mal in Madrid zu spielen.
„Es bedeutet sehr viel für mich, auf diesem Court zu spielen.
Ich hatte hier einige großartige Momente.“
Das heiße aber nicht, dass er irgendetwas aufgebe.
„Aber ohne jemand verwirren zu wollen, weiß ich nicht,
was in den nächsten drei Wochen passiert.
Wenn ich mich wettbewerbsfähig fühle, werde ich in Paris spielen.“

「今日パリにいるとすると、自分としてはそこではプレーしないだろう」とナダルは水曜日(2024年4月24日)、記者会見で語った。でも自分にとってはマドリッドで最後にもう一度プレーすることは重要だ、と。「このコートでプレーすることは自分にとっては大きな意味がある。ここではいくつかの素晴らしい瞬間をたくさん味わった。」でもそれは本人が何かを諦めるということではない、と。「でも混乱を来すようなことを誰にもしなくないのだが、ぼくとしては来る3週間に何が起こるのか知ったものではない。もし勝つプレーができると自分で感じるならば、パリでプレーする積りだ」

この記事へのコメント

スポンサーリンク