人気記事
    スポンサーリンク



    ブログ内検索



    南極点:スコットはサボタージュの犠牲者だった?


     多分、ロバート・スコットについてはご存知でしょう?
     以前にも感動的な?記事として取り上げたことがありますが。

      スコット南極遠征隊の隊員ノートブック発見
      http://tysk.seesaa.net/article/408028312.html
      
      「我が未亡人へ」と零下70度下でスコットは妻宛てに手紙を認めた
      http://tysk.seesaa.net/article/31992907.html

     



    Südpol: Wurde Scott Opfer von Sabotage?  
    Neuentdeckte Dokumente wecken den Verdacht, ein Crewmitglied
    habe Schuld am Tod des Polarforschers.

    Am 17. Januar 1912 brach für Robert Scott die Welt zusammen:
    „Großer Gott! Das ist ein entsetzlicher Ort . . . Jetzt kommt
    ein verzweifelter Kampf. Ich frage mich, ob wir das schaffen
    werden.“ So reagierte der Brite, als er am Südpol war und sah,
    dass das Rennen verloren war: Amundsen war früher dort.
    Und so steht es in den publizierten Tagebüchern Scotts,
    der den Rückweg nicht schaffte. Aber im Original steht noch
    ein Halbsatz, der der Passage einen ganz anderen Sinn gibt:
    Dort will Scott verzweifelt darum kämpfen, „dass wir die Nachricht
    als erste durchbringen“.
    http://diepresse.com/home/science/5300440/Suedpol_Wurde-Scott-Opfer-von-Sabotage? 1. Oktober 2017
    → ドイツ語文法暗示的解説

    南極点:スコットはサボタージュの犠牲者だったのか
      
    新たに発見されたドキュメントで疑惑が浮上している、南極探検家(スコット)の死は一探検隊員に責任がある、と。
      
    1912年1月17日、ロバート・スコットにとっては世界が崩壊した。『何たることだ! ここは悲惨な場所だ、、、今から絶望的な闘いがやって来る。我々は成功するだろうか、自分としては疑問だ』。そんな風に同英国人は反応した。南極に到着、そしてレースに負けたことを見た時だった。実はアムンゼンが先にやって来ていたのだった。出版されたスコットの日記の中ではこのように記されている。スコットは帰途につけなかったのだが。
      
    しかし、(本人が記した)原文には更に幾つかの語句が記されている。その件(くだり)は全く別の意味を持っている。南極ではスコットはどうしても『我々は最初に到達したというニュースを届けること』で必死に闘っている。

     
    So wollte er den Lorbeer doch: Amundsen auf dem Rückweg überholen.
    Warum die Passage im publizierten Text fehlt, ist unklar,
    manches andere fehlt auch: Und vieles, was in Tagebüchern anderer Expeditionsteilnehmer steht, passt nicht recht zu dem Drama, das die Welt erschütterte wie selten eines:
    Scott und vier Kameraden kehrten nicht zurück, nach bisheriger Lesart vor allem wegen Fehlentscheidungen, die Scott in der Hetze des Wettlaufs unterlaufen waren.

    そういうことでスコットはやっぱり栄冠を欲した、つまり帰途にあってアムンゼンを追い越すことだった。公開されたテキストにはこの件(くだり)が欠けている、なぜなのかは不明、しかも他にもいくつかが欠けている。それにたくさんのことが、つまり他の隊員たちの日誌には記されていることが世界を嘗てない位に震撼させたドラマに正に符合していない。つまりスコットと4名の同僚たちは帰還しなかったし、今日までの文献批判によると、それはともあれ競争の只中でスコットが犯してしまった間違った意思決定が原因であったのだと。


    続きを見る
    いつも応援ありがとうございます。
    ↓ どうぞお帰り前にワンクリック
    「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
    Danke schön!♪
     

    スポンサーリンク






    posted by Deutschleser at 00:13 | 有名人の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    本当の父親なのかでないのか、それが問題だった?

    Jackson-Tochter wies Gerüchte um Vaterschaft zurück

    NEW YORK. Michael Jacksons Tochter Paris wehrt sich gegen
    Zweifel an der Vaterschaft des King of Pop.
    "Er wird immer mein Vater sein, und es war nie anders", sagte
    das 18-jährige Model in einem am Dienstag veröffentlichten
    Interview mit dem Magazin "Rolling Stone". Paris Jackson
    reagierte damit auf andauernde Spekulationen in Klatschmagazinen,
    denen zufolge Michael Jackson nicht ihr Vater sei.
    http://www.nachrichten.at/nachrichten/society/Jackson-Tochter-wies-Geruechte-um-Vaterschaft-zurueck;art411,2465717 am 24.01.2017
     上のドイツ語解説→ マイケル・ジャクソンの娘パリスの反駁
    ジャクソンの娘、自分の父親についての噂を拒否

    ニューヨーク発 ーー マイケル・ジャクソンの娘パリスはキング・オブ・ポップが彼女の父親ではないかもしれないとする疑惑を拒否

    「マイケル・ジャクソンは常にわたしの父親ですし、別の人では決してありませんでした」と18歳のモデルは火曜日発表の、雑誌 Rolling Stoneとのインタビューの中で語った。以ってパリス・ジャクソンは幾つかのゴシップ雑誌の中でマイケル・ジャクソンは彼女の父親ではないという途絶えることのない思惑について反応を起こした。

    ドイツ語ジョークボックス
    お年寄りがネット上から次から次と消えている!?

    ドイツ語女性名詞の嗅ぎつけ方
    続きを見る
    いつも応援ありがとうございます。
    ↓ どうぞお帰り前にワンクリック
    「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
    Danke schön!♪
     

    スポンサーリンク






    posted by Deutschleser at 13:06 | 有名人の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スプーンを曲げる男ユリ・ゲラーの正体?!


    Löffelbieger
      文字通りに「スプーンを曲げる人」という意味ですが、
      曲げ方がちょっと”尋常ではない”ということですよね。
      つまり手やモノを使って曲げないという方法ですよね。

    Uri Geller 
       この人の、日本のテレビでの実演を見た覚えがありますが、
       何年前のことだったでしょうか。うそだ、トリックだ、という
       感想が多かったように記憶しています。
       
       2017年、今日、当地はヨーロッパで最新ニュースに接したという次第です。
      
     
    Er verzaubert ganz Österreich
    In "Heute" verrät er seine Geheimnisse


    Löffelbieger Uri Geller:"Ich habe für die CIA als Mentalist
    gearbeitet"

    Seit Jahrzehnten ziehen seine TV-Shows das Publikum in ihren
    Bann. Nun belegen bisher geheime CIA-Akten: Uri Geller hat
    wirklich übersinnliche Fähigkeiten. Das bestätigte er acuh
    "Heute". http://epaper.heute.at/#/documents/170120_HEU/10 20.Jaenner/Januar 2017
    のドイツ語解説→
    オーストリア全国を魔法に掛ける
    Heute紙で彼はその秘密を暴露する


    スプーンを曲げる男ユリ・ゲラー
    「わたしはCIAの為にメンタリストとして働いた」

    何10年に渡って彼はテレビのショーで視聴者たちを魔法に掛けている。さて今日まで極秘だったCIA文書が証明している。つまりユリ・ゲラーは正に超能力を持った人間である、と。本人もこのことをHeute紙に対して認めた。

    Heute紙とはオーストリアの日刊紙です。


    Als Mentalist lebt Uri Geller (70) von Geheimnissen.
    Ein bisher unveröffentlichter Bericht enthüllt nun eines davon:
    Der beliebte britsch-israelische Löffelbieger nutzte seine
    telepathischen Fähigkeiten auch als US- "Psycho-Agent".
    "Ich habe jahrelang als Mentalist für die CIA gearbeitet",
    bestätigt der sympathische TV-Telepath im "Heute"- Geschpräch.

    メンタリストとしてのユリ・ゲラー(70)はいくつかの秘密で以って生きている。今までに一度も公開されたことのないリポートがその秘密の一つを今や暴露している。英国・イスラエルの子孫で、スプーンを曲げるこの人気人物は米国の「サイコスパイ」として自分に備わるテレパシー能力を使った。「わたしは何年間もメンタリストとしてCIAの為に働きました」と感じの良いテレビのテレパシストは Heute紙とのインタビューで認めた。


    Die Geheimdokumente aus 1973 stammen aus einer einwöchigen Testreihe
    der renommierten US-Elite-Uni Stanford mit dem Medium. Geller musste
    per Gedankenübertragung nachzeichnen, was Forscher aus einem Lexikon
    gesucht und im Nebenraum aufgezeichnet hatten - und schaffte es.
    "Ich bin entlavt. Aber das hat auch etwas Gutes: Es gibt nun einen
    wissenschaftlichen Beweis für meine übersinnlichen Kräfte", freut
    sich Geller. Nach den Experimenten wurde er als CIA-Agent rekrutiert.
    "Alle Einsätze waren friedlicher Natur. Ich nahm bei den Abrüstungsgesprächen
    mit Russland Einfluss", erzählt er.

    1973年の極秘文書はあの有名な米国エリートのスタフォード大学がこの超能力者と行った一週間に渡る一連の実験からのものである。ゲラーは研究者たちがある一つの事典から探し出し隣の部屋でそれを描いたものを思考伝達という手段を使って同じように描き出さなければならなかった。ゲラーはそれに成功した。「わたしは暴露されたのですよ。でもそれは良いことでもあるのです。今日、わたしの超能力については科学的な証明が存在するのですから」とゲラーは喜ぶ。何度かの実験の後、ゲラーはCIAスパイとして採用された。「わたしのしたことは全て平和的なものでした。ロシアとの核兵器削減交渉では影響を与えたのです」と語る。


    Zum Schluss lässt sich Geller noch ein weiteres Geheimnis entlocken:
    "Meine Mutter ist Wienerin, eine gebürtige Freud. Ich bin mit Sigmund
    Freud verwandt!" Kein Wunder, dass er hier besonders treue Fans hat -
    die schon immer wussten: Er ist einfach übersinnlich!

    最後に、ゲラーはもう一つ秘密を明らかにする。「わたしの母親はウィーン子ですよ、ウィーン育ちのフロイト家の一人です。わたしはジグムント・フロイトとは親戚関係にあるのです!」と。何の不思議でもない、ゲラーにはここウィーンに特に忠実なファンたちがいるということは ーーつまりファンたちは最初からそんなことは知っていたのですよ。彼は要するに超能力者なんですよね!


    ドイツ語ジョークボックス
    世界のリーダーたちのホットラインでの会話は何語で?


    ドイツ語ジョークのオアシス
    ドイツ語にも同音異義語はあった! 知ってた?
    いつも応援ありがとうございます。
    ↓ どうぞお帰り前にワンクリック
    「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
    Danke schön!♪
     

    スポンサーリンク






    posted by Deutschleser at 14:00 | 有名人の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    ロバート・デ・ニーロ:「自分はイタリアに引っ越すよ」!?

    Brangelina: So knallhart ist ihr Ehevertrag ブランジェリーナ:両者の厳密な結婚契約書


    Robert De Niro: "Ich wandere nach Italien aus"
    Wegen Trumps Sieg
    Robert De Niro: "Ich wandere nach Italien aus"

    Nach dem Sieg von Donald Trump bei der Wahl zum neuen Präsidenten
    der USA hat Hollywoodstar Robert De Niro Überlegungen angestellt,
    nach Italien auszuwandern. "Nach Trumps Sieg werde ich wohl nach
    Molise ziehen müssen", sagte De Niro als Gast in Jimmy Kimmels
    TV-Show - allerdings eher scherzhaft gemeint. Auch ins Gesicht
    schlagen - wie er das im Oktober in einem Video angekündigt hatte -
    könne er ihm jetzt kaum mehr, nun, da Trump bald ins Weiße Haus ziehe.
    http://www.krone.at/stars-society/robert-de-niro-ich-wandere-nach-italien-aus-wegen-trumps-sieg-story-538726 11.11.2016 上のドイツ語解説→

    ロバート・デ・ニーロ「イタリアに引っ越すよ」

       
    トランプ大統領選挙勝利が理由で  
    ロバート・デ・ニーロ「イタリアに引っ越すよ」
     
    米国での新大統領選挙でドナルド・トランプが勝利した後、ハリウッド
    俳優のロバート・デ・ニーロはイタリアに引っ越すことを考慮している。
    「トランプの勝利の後で自分としては多分モリーゼへと移住しなければなら
    ないだろう」とデ・ニーロはジミー・キンメルのテレビショーのゲスト
    として語った、、がどちらかというと冗談風であった。

    顔を殴るということもーー このことは去る10月、本人が
    ビデオの中で発表してあったのだが、このことも殆どもう
    出来ないだろう、今やトランプはもう直ぐホワイトハウスに
    引っ越すのだから、と。



     
    ロバート・デ・ニーロは本当にイタリアへと引っ越す、移住すると思いますか。
     
    そんなに確定的なことは言っていないような。

    トランプが嫌なんですよね。
    尤も同俳優一人だけのことではないようですが。


    Es ist bekannt, dass der 73- jährige De Niro,
    der im Wahlkampf Trump scharf kritisiert hatte ,
    die italienische Staatsbürgerschaft besitzt.
    Sein Vater stammte aus dem kleinen Dorf Ferrazzano
    in der mittelitalienischen Region Molise.

    73才のデ・ニーロは米国新大統領選挙戦でトランプを激しく
    非難したが、本人はイタリア国籍を有しているということは
    知られている。デ・ニーロの父親はイタリア中部のモリーゼ州の
    フェッラッツァーノというコミューネ(小村?)の出身であった。


    米国は長いデ・ニーロ、実は米国人ではない?
    イタリア国籍をも持つアメリカ人?



    De Niros Worte lösten Beifall in der Gegend aus.
    "Molise ist der richtige Ort, um Trumps Sieg zu vergessen",
    scherzte der Präsident der Region, Paolo Frattura.
    Antonio Cerio, Bürgermeister von Ferrazzano, äußerte die Hoffnung,
    dass De Niro wirklich in den Heimatort seines Vaters zurückkehren werde.
    "Für uns wäre es eine Ehre, De Niro zu empfangen, wenn er nach
    der Enttäuschung wegen Trumps Sieg bei uns Zuflucht suchen will.
    So könnte er in zweieinhalb Jahren für mich wählen und
    über Trumps Sieg hinwegkommen", so Cerio.

    デ・ニーロの発言はイタリアは当該地で喝采を博した。
    「モリーゼはトランプの勝利を忘れるには正に恰好の土地ですよ」と同州の州知事
    パオロ・フラットゥーラは語った。フェッラッツァーノ村長アントニオ・チェリオは
    デ・ニーロが父親の故郷に本当に戻って来るようにと希望を述べた。
    「我々村民にとってデ・ニーロを迎えることは一つの栄誉ですよ、デ・ニーロが
    トランプが勝利したために失望した後に我々のところに避難の場所を求めたいとしてもです。
    2年半後にはデ・ニーロはわしに投票してトランプの勝利を克服出来ますよ、とチェリオ村長。



    In einem Anfang Oktober veröffentlichten Video hatte De Niro seiner Wut
    über Trump freien Lauf gelassen. "Er ist so dumm. Er ist ein Hund,
    ein Schwein, ein Meister des Scheißdrecks. Er zahlt seine Steuern nicht,
    er ist eine nationale Katastrophe", ereiferte sich der Hollywoodstar,
    der auch sagte, er würde Trump "gerne ins Gesicht schlagen".


    去る10月の初めに公表されたビデオの中でデ・ニーロはトランプについて
    怒りを大いにぶちまけた。「奴は余りに馬鹿だ。奴は犬だよ、豚だよ、
    糞ったれのマスターだよ。奴は税金を払わないし、奴はアメリカにとっては惨害だよ」と
    ハリウッドの俳優は気炎を上げた。「トランプの面を是非ともぶん殴ってやるよ」とも言った。



    Nach der Wahl hatte Jimmy Kimmel De Niro nun erneut in seiner Sendung zu Gast:
    "Werden Sie Donald Trump immer noch ins Gesicht schlagen?
    Weil jetzt könnten Sie dafür verhaftet werden", argumentierte der Talkmaster.
    "Nein, jetzt kann ich das nicht mehr", so De Niro, der ob Trumps Wahlsieg
    resigniert wirkte. Er müsse Trumps Position respektieren,
    "auch wenn wir alle wissen, dass er ...", ließ er das Satzende
    kopfschüttelnd in der Luft hängen. Er müsse sich nun anschauen,
    was Trump tun werde.


    大統領選挙後にジミー・キンメルは自分のテレビ番組にデ・ニーロをもう一度迎えた。
    「あなたはドナルド・トランプの顔を相変わらずぶん殴るのですか。
    というのも今やそんなことをすると逮捕されますよ」とトークショーのマスターは
    議論を吹っかけた。
    「いいや、今はもうそれが出来ないよ」とデ・ニーロ。
    トランプの勝利を諦めて受け入れたかのように見える。
    自分としてはトランプの地位に敬意を払わなければならない、
    「我々は皆トランプが ○○○○、だということを知っているとしてもだよ」と
    文を最後までハッキリと終わらせないで不思議がるように宙ぶらりんにさせた。
    自分としては今や、トランプは何をするのか見届けなければならない、と。


    ドイツ語ジョークボックス
    アフリカにいる動物三つとは

    ドイツ語ジョークのオアシス
    bei dem Gedanken, dass,,, 裸のGedankenを慮る
    いつも応援ありがとうございます。
    ↓ どうぞお帰り前にワンクリック
    「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
    Danke schön!♪
     

    スポンサーリンク






    posted by Deutschleser at 02:15 | 有名人の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    無礼だ、傲慢だ、とボブ・ディランを非難

    Brangelina: So knallhart ist ihr Ehevertrag ブランジェリーナ:両者の厳密な結婚契約書


    Mitglied von Nobel-Akademie wirft Dylan Arroganz vor
      
      Der Musiker hat sich bis jetzt nicht zu seiner Auszeichnung geäußert.

      Ein Mitglied der Schwedischen Akademie hat dem frisch gekürten  
      Literaturnobelpreisträger Bob Dylan Arroganz vorgeworfen, weil
      er bisher mit keinem Wort auf die Ehrung reagiert hat. "Das ist
      unhöflich und arrogant. Das muss man einfach mal so sagen",
      sagte der schwedische Autor Per Wästberg am Freitag
      dem Fernsehsender SVT. So etwas sei bislang noch nie vorgekommen.
    https://kurier.at/kultur/mitglied-von-nobel-akademie-wirft-dylan-arroganz-vor/226.730.902 22.10.2016 上のドイツ語解説→

    無礼だ、傲慢だ、スウェーデン・アカデミー
    ボブ・ディランを非難


       
    同ミュージシャンは今の所、受賞については何ら発言していない。
     
    スウェーデン・アカデミーのメンバーの一人が最近ノーベル文学賞(2016年)を受賞したボブ・ディランは傲慢だと非難した。と言うのも今の所、受賞については何らの発言をもしていないからである。
    「無礼だし傲慢だ。まあそう言わざるを得ない」とスウェーデン作家のペール・ヴェストベリは金曜日、スウェーデンテレビ局SVTに語った。このようなことは今までに一度も起こったことがない、と。

     
     ボブ・ディランはスウェーデンはストックホルムへと出向くと思いますか。
     それともそれも無視するかも?

     スウェーデンアカデミーは受賞を取り消すかも?
     取り消す条件はあるのでしょうか。


     

    Dylan war vor einer Woche als erstem Musiker überhaupt der Nobelpreis
    für Literatur zugesprochen worden - doch er äußerte sich noch nicht dazu.
    Somit ist auch unklar, ob Dylan zur Verleihung der Nobelpreise im Dezember
    nach Stockholm reist. 1964 hatte der französische Existenzialist Jean-Paul Sartre
    den Literaturnobelpreis abgelehnt
    ディランは一週間前、ミュージシャンとしてノーベル文学賞を授与された最初の人物であった。が、このことについては本人は何らも発言をしていない。だからディランが来る(2016年)12月にノーベル賞授与式にストックホルムへと旅発つかどうかもはっきりしていない。1964年にはフランスの実存主義者のジャンポール・サルトルはノーベル文学賞を拒否した。

    その年、サルトルが拒否したために、別の人が受賞したのでしょうか。
    その年ことはよく覚えていませんので、調べてみないと分かりませんね。

    取り消したり、新たに代わりの人が受賞するということは有り得るのでしょうか、
    ちょっと気になりますが。


    Bob Dylan: “If I accept the prize? Of course.” 28.Oktober 2016

    ドイツ語ジョークボックス
    アフリカにいる動物三つとは

    ドイツ語ジョークのオアシス
    bei dem Gedanken, dass,,, 裸のGedankenを慮る
    いつも応援ありがとうございます。
    ↓ どうぞお帰り前にワンクリック
    「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
    Danke schön!♪
     

    スポンサーリンク






    posted by Deutschleser at 17:53 | 有名人の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする