女性の理想体型を追求するバカバカしさ!?

Schönheitsideale: "Hört auf, eure Körper wie Mode zu behandeln"
 
Cassey Ho verbildlicht mithilfe von Photoshop, wie unsinnig es ist,
einen "perfekten" Körper haben zu wollen.
  
Was als perfekt gilt, ändert sich ständig. Wie extrem die Unterschiede
bei der Wahrnehmung eines "idealen" Körpers sind, hat Cassey Ho
auf ihrem Instagram-Account verdeutlicht.
Die Bloggerin hat mittels Photoshop ihre Statur jeweils so verändert,
wie sie in den vergangenen Jahrzehnten und Jahrhunderten
als erstrebenswert galt.
https://kurier.at/style/schoenheitsideale-hoert-auf-eure-koerper-wie-mode-zu-behandeln/400340611
ドイツ語文記事のつづき→

ドイツ語記事試訳  
女性の理想体型: 
『あんたたち、自分のボディーをファッションのように取り扱うのは止めなさいよ』
 
 
ケイシー・ホーはフォトショップを使っていわゆる「完璧なる」ボディーを得ようとすることの馬鹿馬鹿しさを絵で見せてくれている。
Cassey.jpg
何が完璧と見なされるのか、それは常に変化する。いわゆる「理想の」ボディーとは何なのか、その捉え方には極端な相違があることをケイシー・ホーは自分のインスタグラム・サイトで示している。

同女性ブロッガーは過去何10年間や何百年間に身体の理想美とされたものをフォトショップを使って自分の体型をそれぞれ変化させてみせた。

スポンサーリンク




美の基準は歴史的にいつも行ったり来たり

2010年以来、大きなお尻、それに細い腰、そして厚くふっくらとした唇、これらがモットーとなっている。これは極端な変化である、というのも1990年代の初っ端ではまだ「ヘロインシックな」女性たちは極端に細くなるという理想、殆ど子供のようなシルエットに該当します、それを達成するために出来るだけ少なく食べることに腐心した。骨が見えるということ、これが美と見なされていた。

更に加工を加えた写真の一つで1950年代には全く逆のことが当て嵌まっていたとホーは見せてくれている。マリリン・モンローのような外見を欲した女性たちは体重を増やすために薬物を服用するということさえもやった、1920年代にあってはまだ小さなバストやボーイッシュなスタイルは流行っていなかったのにも拘わらず。

殆ど信じられないことだが、1700年まで女性たちは細身であることをどんな場合であっても欲さなかった、とにかくボディーの大きく張り出たカーブが裕福さの印と見なされていた。

『どうしてわたしたちは自分のボディーをファッショの如く取扱のでしょうか?』とケイシー・ホーは自分の投稿で疑問を呈している。『バストは流行らなくなった、お尻が流行りだした、で、現実とは、わたしたちのボディーに手を加えることはファッショに手を加えることよりももっと危険なことだということです。あんたたち、自分のボディーをファスト・ファッションのように放り出すのは止めなさいよ』。同女性ブロッガーはフォロワーたちに自分のボディーを愛しなさい、尊敬しなさい、そんなふうに取り扱うようにと要請している。『そして美の理想に自分を隷属させないこと。あんたたち、自分のボディーを愛しなさいよ、だってそれがあ な た の完璧なボディーなのだから』。

五つ星ホテル客と四つ星ホテル客の違い?


Gäste von 5-Sterne-Hotels bevorzugen teueres Diebesgut
五つ星のホテル客は値の張るモノを好んで持ち去って行く


Insgesamt wurden 569 Hoteliers von 4-Sterne-Häusern sowie 457 von 5-Sterne-Hotels befragt,
um das Diebesverhalten in Abhängigkeit vom Wohlstand der Gäste zu ermitteln.
Dabei tritt Erstaunliches zu Tage: “Greed is good” scheint gerade bei betuchten
5-Sterne-Gästen ein zuverlässiges Motto zu sein.

全部で四つ星ホテルが569軒、五つ星ホテルが457軒、質問を受けた。ホテル客の裕福振りが窃盗態度にどう表れるのものか、と。驚くべきことが明らかになっている。「欲張りは良いことだ」いうモットーが裕福な五つ星ホテル客にあっては自認されているようだ。


So ist etwa die Wahrscheinlichkeit, dass hochwertige TV-Geräte
aus dem Zimmer geklaut werden, bei Gästen im 5-Sterne-Segment
10,4-fach höher als bei Reisenden in 4-Sterne-Hotels.
Ebenso sind Kunstwerke in Luxushotels ein begehrtes Objekt der Begierde
(4,5-mal höhere Diebstahl-Wahrscheinlichkeit). Auch Tablet PCs und
Matratzen werden in 5-Sterne-Häusern häufiger entwendet.

高価なテレビ受像機が客室から盗まれることはまあ有り得ることとして、五つ星ホテルの客たちの方が四つ星ホテルの客たちよりも10.4倍もその盗む率が高い。豪華ホテルにあっては美術品も欲しがる人の対象物になっている(五つ星ホテルでは四つ星ホテルよりも4,5倍も盗難率が高い)。PCタブレットやマットレスは五つ星ホテルからしばしば持ち出される率が高い。


4-Sterne-Gäste begnügen sich hingegen mit weniger spektakulären Geschenken:
Handtücher und Kleiderbügel sind bei ihnen tendenziell beliebter
als bei 5-Sterne-Gästen, praktische Utensilien wie Batterien und
Fernbedienungen klaut der 4-Sterne Hotelgast mit besonderer Wonne

(2,7-mal bzw. 4,0-mal häufiger als der 5-Sterne Reisende).

一方、四つ星ホテル客はそんなにスペクタルなものではないお土産品で満足している。手ぬぐい、ハンガーが四つ星ホテルの間では五つ星ホテル客よりも傾向としては好まれている。

実際に使えるモノ、例えば電池とかリモコンといったものを四つ星ホテル客は特に浮き浮きしながら盗んでゆく(五つ星ホテル客と比較して電池は2,7倍、リモコンは4倍も回数が多い)




それら盗難品は結局どういう ”運命”を辿るのでしょうか。
取り返される? 取り返すべくホテル側は捜査の手を伸ばしている?
現場を捉えた場合には当たらないから、捜査は難しいということになるのでしょうか。

ホテル側としては盗まれたモノは何であれ一応、いわゆる ”消耗品”と捉えているのでしょうか。


ホテル客が泊まった部屋の中から何をかがなくなっていると知るのは誰なのでしょう? 

先ずはホテルの従業員でしょうか、ホテルの管理人でしょうか、ホテルの従業員の責任者でしょうか。ホテルの従業員の仕業だったな~んていうことだって有り得ないこともないでしょうね、探偵小説を読んでいるとそうした灯台下暗し的なこともよく記述されています。実際にはどうなのか、仮想されるに過ぎないかもしれませんが。
お互いに不審な目で働いているとしたら仕事も満足遂行されなくなってしまうので
そうしたことが実際に起こっているのどうなのか、わたしは分かりません。

何かがなくなっていると見て分かるものとしては大きなモノでしょうね。
壁に掛かっているLSDテレビは確かに目につきます。壁に掛かっていたものが
見えないとなると、その部屋に宿泊したホテル客が持って行った、
掻っ払っていったと想定するのが自然でしょうか、普通でしょうか、論理的でしょうか、
 
 ホテルから何かがなくなっているとしるのは誰でしょう?
 勿論、ホテルの人たちでしょう?
 
 それともホテルの常連客でしょうか。今まではあったのに、今はない、
 ということを発見することも稀ではないでしょう。それともホテル側で模様替えしたとでも
 考えて別に不思議がることもないのかも?

見た!? この70才のオーストラリア女性

この70才の女性、30年来砂糖をもう食べたことがない!?

自分だって(と思うか、思わされるか)まだ遅くはない、遅くはない?!

今からでも始められるかも。
いや、真似出来ないとしてスルーかも。


尤もそれなりの強い、継続的な動機付けが必要。

そうするだけの個人的な理由が主義が自分にはあるのかどうなのか。

砂糖なしの食事、甘い砂糖のない生活なんて今では考えられない?
ドイツ語で、いやイタリア語でか、La Dolce Vita と言いますよね。
甘い人生でしょうか。砂糖の入った人生を意味しているのでは
ないかもしれませんが。

確かに、砂糖なしではなく肉なしの食事、生活をしている人たちがいらっしゃいます。

野菜、果物を主にした食事、生活スタイルが合う人もいらっしゃれば、
肉食なくして人生の楽しみが見出されないかのような人もいらっしゃるようです。
夏のBBQ花盛りです。あの臭(くさ)い臭(にお)いにはちょっと辟易ですが。


Diese 70-Jährige isst seit 30 Jahren keinen Zucker mehr
   
 Vor fast 30 Jahren beschloss Carolyn Hartz auf Zucker zu
 verzichten. Heute ist die Australierin knapp 70 und lässt
 so manche 25-Jährige mit ihrem Body vor Neid erblassen.
 Und dennoch: Für ihren Lebensstil erntet Hartz nicht nur
 Anerkennung.
 
 So wie Carolyn Hartz würden viele Frauen gerne aussehen.
 Mit 69 Jahren hat die gebürtige Australierin nämlich einen
 Körper, von dem viele Frauen Mitte Zwanzig träumen. Auf
 Instagram präsentiert sie sich deshalb gerne im Bikini,
 in sommerlicher Garderobe und knappen Sport-Outfits.
→ ドイツ語文法暗示的解説
https://kurier.at/wellness/carolyn-hartz-diese-69-jaehrige-isst-seit-28-jahren-keinen-zucker/268.229.795 7.Juni 2017

この70才の女性、もう30年来砂糖を食べたことがない!?
 
ほぼ30年前、キャロリン・ハーツさんは砂糖なしで済ますことに決心した。今日同オーストラリア女性は70才に何なんとしていますが、25才の女性たちの中には彼女のボディが羨ましくて真っ青にさせられてしまう。それはそうなのですけれども、ご自分のライフスタイル故にハーツさんは他の人たちからの認知を収穫しているだけではないのです。

キャロリン・ハーツさんのような容姿に多くの女性はなりたいと思うことでしょう。69才なのにオーストラリア生まれの彼女は要するに20代半ばの女性たちの多くが夢に描くボディーをしているのです。それ故にインスタグラムで彼女は喜んでビキニや夏服、そして短いスポーツアウトフィットに身を包んだご自分を演出しています。



こちらで彼女のボディー写真が拝めます。と同時に英語での紹介記事が見えます読めます。
題して、世界で一番ホットなおばあちゃんのキャロリン・ハーツさん   
  
こちらは本国オーストラリアのサイト
彼女を英語で紹介している、こちらもナイスビキニボディー写真付

砂糖の取りすぎは人体に宜しくない影響を与えるとは言われていますが。
砂糖の摂取を完全に否定することは可能なのでしょうか。
その一例ということでしょうか。

野菜や果物の中に含まれている糖分とここで言う砂糖とは別物でしょうね。
ここで言っている砂糖とは工場で大量生産されている砂糖のことでしょう?
所謂白砂糖もあれば黒砂糖、ブラウン砂糖もありますね。

わたしは毎朝の一杯の紅茶にはブラウン砂糖スプーン一杯を入れていますが、
どんなものでしょうか。毎日砂糖のお世話になってしまっています。
砂糖なしの紅茶の方が健康に貢献するということでしょうか。

続きを見る

たくさん読書する人たちは更に長生きする!?

Urlaub ohne Handy ist für viele unvorstellbar ドイツ語記事文・単語解説→ケータイのない休暇なんて休暇じゃない!?


   *  *

読書しますか?

晩夏を迎え、そしていわゆる「読書の秋」を迎えますが、
秋だから読書というのもちょっと偏っているように思われます。

読書する人は秋だけでなく、一年中でしょう?

       *  *

毎日少なくとも一冊読むことを肝に銘じて実行している方も
この世にはいらっしゃるようですが、わたしが不思議に思うのは、
または疑問を抱くのは、毎日の一冊をどのように入手しているのでしょう。
一冊ごと買っているのでしょうか。

そうだとしたら読書も非常に贅沢な高価な業のように響きますね。

読書をテーマにした話題は尽きないと思いますが、
たとえば、漫画を読むのも”読書”でしょうか。
新聞を読むのも”読書”でしょうか。
週刊誌を読むのも”読書”でしょうか。

そもそも「読書」とは?
「読書」についてはあらたな定義付けが必要かも知れませんね。

読書の仕方も問題になるかもしれませんしね。
速読とか飛ばし読みとか、ページをパラパラと繰ることで読書したと言うのか。
それを見読と言う?

精読する、と言いますよね。味読する、とも言いますよね。
耽読する、などとも言いますね。
積読という読み方もあるとか。

どのように読書すれば長生きできるのでしょう!?
何を、どの本を読めば長生きするのでしょうか!?
「125歳才まで生きる方法」という題名本でしょうか、笑。
「長生きする方法が見つかった」といった本でしょうか。
「何歳まで生きるのを長生きというのか」という本でしょうか。
「人間は135歳まで生きられるのだ!」


Menschen, die viel lesen, leben länger  
  Endlich eine Studie zum Schmökern. Wissenschaftler
  der Yale University School of Public Health haben
  herausgefunden, dass Menschen, die viel lesen, einen
  "signifikanten Überlebensvorteil" gegenüber Menschen
  haben, die keine Bücher lesen.
http://www.huffingtonpost.de/2016/08/08/lesen-verlaengert-das-leben_n_11384940.html?utm_hp_ref=germany 8.August 2016

長生きしたかったら読書しなさい??

    
楽しみながら読める調査結果がやっと出た。イェール大学のスクール・オブ・パブリック・ヘルスの研究者たちがある事実を突き止めた。たくさん本を読む人は全然読まない人よりも「明らかに長生きしている」と。


Die Studie hat sich nicht damit befasst, ob lesen
auf einem Kindle auch zählt, dafür stellten die Forscher
fest, dass Menschen, die Bücher lesen im Durchschnitt
zwei Jahre länger leben als Menschen, die nicht lesen.

この研究ではキンドルを使った読書についても当てはまるのかどうなのか、この点については触れていないが、読書する人は読書しない人よりも平均すると2年分更に長生きしていると研究者たちは突き止めた。
読書といっても紙の本を読むということでしょうか。
わたしはいわゆるE-reader(Tolino) を使っての”読書”に勤しんでいますが、この調査によると「読書」とはいえないのかも?
  



Lesen steigert die Überlebenschancen signifikant  
読書は長生きのチャンスを明らかに高める


Die 3635 Testpersonen waren alle über 50 Jahre alt und
wurden in drei Gruppen eingeteilt:

Eine Gruppe las bis zu dreieinhalb Stunden pro Woche,
die zweite Gruppe las mehr als dreieinhalb Stunden pro Woche und
die dritte Gruppe las überhaupt nicht.

Die Testpersonen wurden über zwölf Jahre hinweg beobachtet.

3635人のテスト対象者は全員50才以上、
3つのグループに分けられた。

①一つのグループでは ”一週間当たり最高で3時間半の読書”、
②2番めのグループでは ”一週間当たり3時間半以上の読書”、
③3番めのグループは ”読書は皆目”であった。

テスト対象者全員は12年以上に渡って観察された。



Die Studie, die im Journal "Social Science & Medicine" erschien, belegt,
dass die Lebenserwartung bei Menschen, die bis zu dreieinhalb Stunden pro Woche lesen,
17 Prozent höher ist als bei Menschen, die gar nicht lesen. Bei Menschen,
die mehr als dreieinhalb Stunden pro Woche lesen, sind es sogar 23 Prozent.

この研究は「Social Science & Medicine」というジャーナルに公表された。
以下のことを証明している。

「①一週間当たり最長で3時間半の読書をする人たち」は、
「③読書を皆目しない人たち」よりも寿命が17パーセント長い。

「②一週間当たり3時間半以上読書する人たち」にあっては、
それどころか23パーセントも長い。


Da Leseratten häufig weiblich sind, einen Hochschulabschluss haben und
aus höheren Einkommensschichten stammen, kontrollierten die Wissenschaftler
neben diesen Faktoren auch Alter, Ethnie, Gesundheit (Selbstbeobachtung),
Depressionen, Arbeitsplatz und Familienstand.

いわゆる ”(ドイツ語で、本のネズミさんたち(日本語で、本の虫さんたち”は大抵女性であるし、高等教育を受けた人たちであるし、高所得者層からの人たちであるが、研究者たちはこれらの要因の他にも年齢、人種、健康状態(自己観察)、憂鬱症、職場、家庭状況も考慮に入れた。
女性が男性よりも寿命が長いと普通考えられていますが、その原因は読書にあった!?

Die Forscher entdeckten einen ähnlichen Zusammenhang bei Menschen,
die Zeitung lasen, aber die Auswirkungen waren geringer.

研究者たちは新聞を読む人たちにも似たような関連性を発見したが、新聞を読むことでの寿命への影響は僅少であった。
(新聞を読むとは言っても、新聞を読書するとは言いませんからでしょうか。読書とはそもそも書を読むということですよね。)




Eine halbe Stunde lesen am Tag verlängert das Leben
一日当たり30分の読書は寿命を伸ばす


"Menschen, die nur eine halbe Stunde am Tag in einem Buch lesen,
haben einen eindeutigen Überlebensvorteil gegenüber denjenigen,
die nicht lesen", sagte Becca R. Levy, Hautautorin der Studie,
gegenüber der "New York Times".

「本一冊を一日30分だけ読む人たちは何も読まない人たちと比べてみると、明らかに長生き出来ます」と同研究の主任執筆者のベッカ・B・レヴィさんはニューヨーク・タイムズ紙に語った。


Ein paar scharfsinnige Leser merkten allerdings an,
dass lesen eine sitzende Tätigkeit ist und wir daher nicht zu viel Hoffnung
in seine lebensverlängernde Wirkung setzten sollten.
Andererseits hält das Lesen dich vielleicht davon ab,
das Haus zu verlassen und dich all den Gefahren auszusetzen,
was dir ein paar weitere Lebensjahre verschaffen könnte.

しかし鋭い感覚を持った二、三の読者は気がつくであろう。つまり読書とは腰掛け行為であるし、だから人生を長くする効果に多大の希望を抱くべきではないかもしれない。他方、読書行為がもしかしたら家から出て行ったりありとあらゆる危険に身を晒したりすることを阻止する。すなわち家に閉じ籠もっていることで更に2年、3年と長く続く人生を創出することになるのかもしれない。
人間とは動物でもある。動く物(者?)である、だから腰掛けてじっとしているのは性に合わないと言っているのでしょうか。尤も、家に閉じこもって読書に勤しんでいれば、外出先で危険な目に遭うこと(たとえば交通事故に遭うとか?)もなく、それが人生を長らえさせることにも貢献しているかもと言いたいのでしょうか、ね。

空飛ぶオランダ人から空港で彷徨えるオランダ人になった?

Am Flughafen: Niederländer wartet zehn Tage auf Date ドイツ語記事解説→オランダと中国との間のお見合いは実現せず!?


   *  *

   インターネットの発達のお陰でしょうか、世界は極端に小さくなったようです。
   コンピュータ画面に向かってスカイプが出来るは、チャットが出来るは、映画は
   見れるは、そして目の前のまだ会ったこともない人の写真を見ては、直接会って
   話して見たい。デートしてみたい、知り会いになりたい、終いには結婚すると
   いうことも起こっているようです。
   今回のケースは如何なる結果になるのでしょう。




Am Flughafen: Niederländer wartet zehn Tage auf Date  
  Er wollte nicht wahrhaben, dass seine Angebetete nicht
  mehr auftaucht und musste komplett entkräftet im Krankenhaus
  behandelt werden.
 
  Der 41-jährige Niederländer Alexander Cirk hat sich auf einer
  Online-Singlebörse in eine junge chinesische Frau namens Zhang
  verliebt. Er wollte sie so schnell wie möglich persönlich
  kennenlernen und buchte ein Flugticket in ihre Heimatstadt
  Changsha in der Provinz Hunan. Das berichteten unter anderem
  das Online-Portal Shanghaiist.com, die BBC und der chinesische
  Sender CCTV.
http://kurier.at/leben/am-flughafen-niederlaender-wartet-zehn-tage-auf-sein-date/213.436.356
3.August 2016

空港にてデートのお相手を10日間待ち続けたオランダ人男性!?

     
  約束した女性がもう姿を見せないということを彼は受け入れられ
  なかった。それでも完全に体力を消耗しきってしまって病院で
  治療を受けざるを得なかった。
  
  41才のオランダ人男性、アレキサンダー・サークさんはオンラインの
  デートサイトでツァングさんという若い中国人女性に惚れ込んでしまった。
  彼は出来る限り早く彼女と知り合いになりたいと思った。そして中国は
  湖南省の彼女の故郷長沙市へと飛行機チケットを予約した。
  といったことなどをことにオンラインのSHANGAIIST.COM、BBC放送局、
  中国テレビ局CCTVは報道した。

Zehn Tage am Flughafen 空港での10日間

Doch als Cirk am Zielflughafen angekommen war, fehlte von der 26-jährigen
Chinesin jede Spur. Zunächst ging er von einer Verspätung aus und entschied sich,
am Flughafen auf sie zu warten. Weil seine Angebetete nicht auftauchte,
verharrte der Mann schließlich zehn Tage im Flughafengebäude.
Sein Gesundheitszustand verschlechterte sich in dieser Zeit jedoch so drastisch,
dass Cirk vom Flughafenpersonal in ein Krankenhaus gebracht wurde.
Nachdem er aus diesem entlassen wurde, flog der Mann wieder
zurück nach Hause.

目的の空港に到着した時、当の26才の中国人女性の姿がどこにも見いだせなかった。最初は遅刻していると考え、同空港で彼女を待つことに決めた。憧れの女性が現れないので、彼はとうとう空港ビルの中、10日間頑張り続けた。この間、健康状態が劇的に悪化、そのため空港の係員たちによって病院へと運ばれた。退院した後、彼はオランダへと帰国の旅に発った。

10日間、殆ど何も喉を通らなかったのではないでしょうか、
というのがわたしの勝手な想像ですが。だから衰弱してしまった? 
しかもとうとう彼女も目の前を通ることがなかったようですね。

        *  *
  
信じた彼が悪いのか、姿を見せなかった彼女が悪い人なのか、
  
「馬鹿な男だ、中国では全てがニセモノ、うそであるということを知らないのだろうか!?」とインターネット上でどなたか(別の中国人?)がコメントしていたとのことです。



Späteres Treffen nicht ausgeschlossen あらたなデートは有り得ないことはない(つまり有り得るかも)

Die Fotos des Mannes haben sich mittlerweile rasant in den sozialen Netzwerken
in China verbreitet. Auch ein chinesischer TV-Sender wurde auf den Fall aufmerksam
und nahm Kontakt zu Zhang auf. Die junge Frau sagte diesem gegenüber, dass ihr Cirk
ein Foto von seinem Flugticket geschickt hatte, sie aber dachte, dass es sich dabei
um einen Witz handle. Zu dem Zeitpunkt, an dem sich Cirk auf dem Flughafen aufgehalten
hatte, sei Zhang selbst auf dem Weg in eine andere Stadt gewesen, um sich
einer Schönheitsoperation zu unterziehen. Sie sei aber nicht abgeneigt,
Cirk zu einem anderen Zeitpunkt kennenzulernen, müsse sich nun aber
von der Operation erholen.

一方、同男性の写真はソーシャルメディアを通じて中国内、大いに拡散された。中国のあるテレビ局もこの件については注目し、ツァングさんとコンタクトを取った。この若い女性はこう語った。カークさんはわたしにご自分の航空チケットの写真を送って来たのです、でもこれは冗談なんだわ、と思ったのです。カークさんが空港内で頑張り続けている時、ツァングさん本人は美容整形を受けるために別の町に向かっていたとのこと。でもカークさんとあらためて何時か会う約束をするという気はないというわけではないし、今は手術後の体力回復を図らなければなりません、と。



        *  *
  
 信じてしまった彼が悪いのか、姿を見せなかった彼女が悪い人なのか、
  
 彼は相手の意思を確認したのでしょうか!?
 ちゃんと意思疎通が出来ていたのでしょうか!?
 ちゃんとチャットできたのでしょうか!?
 オランダ語で? 英語で? 中国語で? 
 それともいわゆるハート・トゥ・ハート?
 一目惚れ?

 既にもしかしたら整形されていた?写真に目が騙されてしまったのでしょうか。

 まあ、外野席のわたしは想像逞しくして思う所いろいろと勝手気儘に書き下していますが、
 インターネット時代の一つの落とし穴をまたも見てしまった気分です。またも?

 背後にはいろいろな思惑を持った人たちもたくさんいることでしょう。

 ところで、「一目惚れ」、ドイツ語ではどう表現しますか。

「二目惚れ」というのもあるらしい、笑。
 ある映画のタイトルになっていました、見ました。
 見ましたか?