人気記事
    スポンサーリンク



    ブログ内検索



    カナダ国では将来、身分証明書に中立的な性も

    Kanadas Ausweise künftig mit neutralem Geschlecht
       
    Ein "X" steht in Zukunft jenen Menschen für kanadische
    Reisepässe zur Verfügung, die sich mit "M" (männlich) oder
    "F" (female/weiblich) nicht identifizieren können.
      
    Menschen, die sich weder als weiblich noch als männlich empfinden,
    sollen in Kanada künftig Ausweise ohne Geschlechtsangabe erhalten
    können.   http://diepresse.com/home/ausland/aussenpolitik/5274401/Kanadas-Ausweise-kuenftig-mit-neutralem-Geschlecht  25.08.2017
    → ドイツ語文法暗示的解説

    カナダの身分証明書には将来、中立的な性が加わる
    カナダのパスポートを所持する人たちで男性は「M」という印、女性は「F」という印が付けられるが、男性としての自分を認知できないという人たち、または女性としての自分を認知できないという人たちには性別として「X」という印が付けられる。
      
    自分は女性としても男性としても感じないという人たちはカナダでは将来、(男女の)性別を明記しない身分証明書の入手が可能になる予定。
      

    私は誰でしょう?
    ぼくは男でしょうか、
    私は女でしょうか、

    何を理由にぼくは男と言えるのでしょうか。
    何を理由にわたしは女と言えるのでしょうか。

    もともと生まれてから備わっている外的なまたは内的な性器の有無で以って
    男女の差が決まるというのではないのかもしれませんね。

    カナダにはぼくは男として感じられてない、わたしは女として感じられない、
    といった人たちがたくさん出てきているのでしょうね。
    政府がそうした人たちの救援?に乗り出してきたということでしょうか。

     
    In einer Übergangszeit könnten die Betroffenen zunächst
    ihren Wunsch vermerken lassen, dass ihr Geschlecht als "nicht
    spezifiziert" eingetragen wird, erklärte die Regierung am Donnerstag
    in Montreal.

    過渡期的な措置として当該者はその希望を取り入れて貰うことも可能である、つまり自分の性別については「特定されず」といった文言が記入されます、と木曜日、カナダ政府はモントリオールで発表した。
      

    人は女にうまれない
    女になるのだ、
    これはある有名なフランス人女性が言い放なっているのですが、
    何年前のことだったことでしょうか。

    人は男に生まれない、
    男になるのだ、
    とも彼女に倣って言えるかもしれませんね。

    今日にあっては
    人は女と感じない、
    人は男と感じない、

    わたしはわたしになるのだ!?

    ドイツ語ジョーク:
    ブロッコリー、キノコ、クルミ、バナナの座談会?
    続きを見る
    いつも応援ありがとうございます。
    ↓ どうぞお帰り前にワンクリック
    「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
    Danke schön!♪
     

    スポンサーリンク






    posted by Deutschleser at 22:10 | 世界の国々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    ヨーロッパ人国籍別のホテル内窃盗嗜好


    Diebische Vorlieben nach Nationalität
    ヨーロッパ人国籍別のホテル内窃盗嗜好


    ドイツ人
    Gliedert man die Delinquenten nach Nationalität, so ergibt sich
    ein differenzierteres Bild. Es stellt sich etwa heraus, dass
    der deutsche Hotelgast einem eher langweiligen Diebstahlverhalten folgt:
    Neben Handtüchern und Bademänteln lässt er in erster Linie Kosmetik mitgehen.

    犯罪者たちを国籍別に区分けしてみると、別の像が浮かび上がる。ドイツのホテル客にあってはどちらかというと退屈な窃盗行動に従っている。手拭いやバスローブといったものを始めとして化粧品を先ずはともあれ一緒に持って行く。
     
    Was klauen die Österreicher? 
    オーストリア人は何を盗むのか

    Viel genussorientierter geht es da schon bei den Österreichern zu:
    Geschirr und Kaffeemaschinen tauchen weit oben in der Diebstahlskala auf:
    vom korrekten Esswerkzeug und den Zubereitungsvarianten für den "kleinen Braunen"
    kann man in der Alpenrepublik offenbar nicht genug zu Hause stehen haben.
    嗜好品に対して熱い視線を注ぐことがオーストリア人たちの場合である。食器やコーヒーメーカーが窃盗リストのずっと上の方に現れる。オーストリア(ウィーン)のコーヒの一種である kleine Brauner(小カップ、ブラックコーヒ、若干ミルク入り)を作るための正式の食器及びレシピ―はアルプス国のお宅には十分には置いてないということなのかも。

    イタリア人、スイス人、フランス人
    Italiener bevorzugen Weingläser als Hotel-Souvenir, bei Schweizern rangiert hingegen
    der Haarföhn weit oben im Ranking. Der Franzose hingegen klaut schon etwas spektakulärer:
    Er vertritt die Nation, die mit Abstand am häufigsten Fernsehgeräte und Fernbedienungen
    mitgehen lässt.
    イタリア人はワイングラスをホテルからのお土産品として好む。スイス人にあってはリストの上の方にはヘアドライヤーがランクされている。フランス人はもうちょっとスペクタルなモノを盗む。フランス人はフランス国を代表している、一番の好みはリストの下の方に見いだされるが、テレビとリモコンを一緒にお持ち帰る。

    オランダ人
    Holländische Hotelgäste sehen in ihren Mitbringseln vor allem den praktischen Nutzen: Zu ihren Favoriten zählen Glühbirnen und Toilettenpapier.
    オランダのホテル客は日常生活に役に立つものをお持ち帰りのモノと見る。オランダ人の好みとして挙げられるもの、それは電球とトイレットペーパー。


    日本人は何を掻っ払うのか!? 
    このドイツ語記事はヨーロッパ人について書かれてたものですから、
    日本人についてはわかりません。

    そんな調査の結果がどこかで公表されているのでしょうか。
    日本人は正直だから?
    ホテルから何かを持ち出して自分のモノにしてしまうことは有りえません!?
    とは断言できないでしょうね。
    人間だからか、人間だからこそか、何をかを陰でしているか分かったものではない!?

    つづく→ 五つ星ホテル客と四つ星ホテル客との違い?
    いつも応援ありがとうございます。
    ↓ どうぞお帰り前にワンクリック
    「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
    Danke schön!♪
     

    スポンサーリンク






    posted by Deutschleser at 18:22 | 世界の国々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    ホテル客が特に好んで掻っ払って行くモノ

    Was Hotelgäste besonders gerne klauen  
      Tatort Hotel
      Was Hotelgäste besonders gerne klauen 
      Fernseher, Kaffeemaschine, Piano

      Eine Studie zeigt, wie dreist europäische Hotelgäste klauen,
      neben Seife oder Stiften stehen auch skurrile Gegenstände
      auf der Liste.

      Bei dem ein oder anderen Hotelgast landete schon mal die Seife oder
      ein Paar Hausschuhe im Koffer. Das gilt in den meisten Hotels als
      Kavaliersdelikt. Doch dabei bleibt es nicht.
      https://www.news.at/a/tatort-hotel-was-hotelgaeste-8226663
      Mittwoch, 12. Juli 2017
    → ドイツ語文法暗示的解説

    ホテル客が特に好んで盗むのは何か、
     
    犯罪現場のホテル
     
    ホテル客が特に好んで盗むのは何か、
    テレビ、コーヒーメーカー、ピアノ

    ある調査によると、ヨーロッパのホテル客がホテルから実に大胆不敵にも何かを掻っ払って行ってしまうということを示している。石鹸や鉛筆の他にも変なモノが色々と窃盗リストには載っている。

    あるホテル客の、そしてまた別のホテル客にあってはそのスーツケースの中に既に一度石鹸とか室内履きとかが収まった。そうすることは大抵のホテルではちょっとした罪となるが、実はこうしたモノだけに留まるのではない。

     
    Manche Besucher sind so dreist, dass sie Fernseher, Klaviere oder
    gar ausgestopfte Tiere aus dem Hotel tragen.
    Wellness Heaven hat 1.026 Hoteliers befragt, welche Gegenstände
    am häufigsten entwendet werden. Besonders pikant ist das unterschiedliche
    Klauverhalten zwischen Gästen in 4-Sterne und 5-Sterne Hotels.

    ホテル客の中には実に大胆な人もいるのであって、ホテルからテレビ、ピアノ、剥製動物さえも持ち去って行く。Wellness Heaven が1026のホテル経営者に質問を出した。どのようなモノが一番頻繁に持ち去られるのか、と。特に刺激的なこと、それは四つ星ホテルの宿泊客と五つ星ホテルの宿泊客との間にはその盗む振る舞いに違いがあるということ。

    ちょっと変なドイツ語お断り書きを目っけた→続きを見る
    いつも応援ありがとうございます。
    ↓ どうぞお帰り前にワンクリック
    「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
    Danke schön!♪
     

    スポンサーリンク






    posted by Deutschleser at 21:35 | 世界の国々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スイスは ”世界で一番ベストの国”だ!?

    Die Schweiz ist das "beste Land der Welt"

    GENF. Die Schweiz hat Deutschland in einer Umfrage unter gut 21.000 Menschen
    als weltbestes Land verdrängt. Deutschland kam diesmal unter 80 bewerteten Ländern
    hinter Kanada und Großbritannien auf Platz vier. Österreich landete auf dem 18. Rang.
    http://www.nachrichten.at/nachrichten/weltspiegel/Die-Schweiz-ist-das-beste-Land-der-Welt;art17,2505704 08. März 2017
     上のドイツ語解説→ スイスという国についての印象
    スイスが ”世界最優良国”だ

    ジュネーブ発 ーー スイス国は2万1千強の人たちへのアンケート
    調査で世界一番の優良国としてドイツ国に取って代わった。ドイツは
    今回、評価の対象となった80ヶ国の中でカナダ、英国に次いで
    4位となった。オーストリアは18位にランクインした。

    The Geography of Bliss > Switzerland, Happinees is Boredom 日本訳版もあり

    ドイツ語ジョークのオアシス
    ドイツ語単語語尾のアルファベト ”i ”
    続きを見る
    いつも応援ありがとうございます。
    ↓ どうぞお帰り前にワンクリック
    「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
    Danke schön!♪
     

    スポンサーリンク






    posted by Deutschleser at 22:41 | 世界の国々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2016年は世界的に圧倒的に楽観的な



      
       2016年はどのような年となるでしょう。
       世界の人たちの感触は如何なものでしょう。

       幸せな年でありますように!

       


    Die Welt ist überwiegend optimistisch für 2016 

     Das Glück lebt laut Gallup-Umfrage in Lateinamerika
     und ist atheistisch.   
     Asiaten deutlich hoffnungsvoller als Europäer.

     Weltweit sind die Menschen mehrheitlich glücklich
     und sehen zudem auch positiv ins kommende Jahr.
     Dem Umfrageinstitut Gallup zufolge, das 66.000
     Personen zu Ansichten und Erwartungen befragt hat,
     gaben zwei Drittel der Personen (66 Prozent) an,
     mit dem Leben glücklich zu sein. Weitere 54 Prozent
     sagten, dass 2016 besser als 2015 wird.
     Die regionalen Unterschiede waren hier aber teils enorm.

    Die Welt ist überwiegend optimistisch für 2016 記事文解説→
    http://kurier.at/politik/weltchronik/die-welt-ist-ueberwiegend-optimistisch-fuer-2016/172.418.834 (APA / tem) Erstellt am 31.12.2015

    2016年の世界は、圧倒的に楽観的な
      
     
     ギャラップ世論調査:無神論的で幸福に生きるラテンアメリカの人たち
     ヨーロッパの人たちよりも明らかに希望的なアジアの人たち

     世界の人たちの過半数は幸せである。
     しかも来る年(2016年のこと、訳者)を積極的に見ている。
     世論調査のギャラップによると、6万6千人の人たちに
     その見通しと期待を尋ねたものだが、3分の2(66パーセント)が
     人生は幸せであると答えた。
     更に54パーセントは2016年が2015年よりも良くなる
     であろうと語った。
     しかしながら世界の地域間の格差は一部非常に大きかった。


    続きを見る
    いつも応援ありがとうございます。
    ↓ どうぞお帰り前にワンクリック
    「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
    Danke schön!♪
     

    スポンサーリンク






    posted by Deutschleser at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の国々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする