チェスが教科となるブルガリア


ブルガリアの小自冶体がチェスを教科として導入

ソフィア発-ブルガリアの小さな自治体スリブニツァ、セルビアの国境近くにあるのだが、ヨーロッパ連合内で初めて小学校での義務教育としてチェスのゲームを導入した。
つづき Bulgarische Gemeinde führte Schach als Unterrichtsfach ein


日本では、愛好者しかチェスをやらないと思います。もちろん、チェスに似たものに日本では将棋がありますが、チェスはヨーロッパにやって来て、初めて目にしたと言えます。

もちろん、正式に学んだことはありません、下手の横好き気分でゲームのルールを概略的に知って対戦に臨んだことがありますが、もちろん対戦経験が殆ど無いウブは直ぐに負けてしまいました。

チェスは単なる娯楽的なゲームなのか、それとも相手のキングを捕らえようとする戦略戦術を研究する科学、
学問なのか、そういった思いも チェスの話 の中で表明されていますね。このゲームは結構奥がとっても深いもののように思われます。