コロナ危機が契機の聴覚障害(オーストリア人の場合)

Coronakrise brachte Hörprobleme der Österreicher zutage
コロナ危機でオーストリア人の聴覚障害が明るみに
 https://tinyurl.com/ycpn393l
brachte zutage → zutage bringen, to bring to light

Unzählige Telefonate und Videoanrufe sowie Mundnasenschutz haben in der Coronakrise bei vielen Menschen die Hörleistung gefordert. Jeder Neunte bemerkte dabei laut einer repräsentativen Umfrage des steirischen Hörakustikunternehmens Neuroth Probleme beim Hören und Verstehen - besonders die über 65-Jährigen, informierte das Unternehmen. Das Bewusstsein für ein gutes Gehör sei gestiegen.
Telefonate(P)→ Telefonat(N) telephone call
die Hörleistung, hearing performance
gefordert→ fordern 
bemerkte→ bemerken
informierte→ informieren
das Bewusstsein, awarenes, consciousness
das Gehör, sense of hearing
gestiegen→  steigen


数え切れないほどたくさんの通話やビデオ電話、しかも口と鼻を覆うマスク、コロナ危機中、これらのことを通じて多くの人たちは聴解能力が求められた。オーストリアはシュタイアーマルク州にある補聴器専門メーカーのNeurothノイロート社の標本アンケート調査によると9人に一人は聞くこと理解することについて、ことに65才以上の人たちは自分の聴解に問題があると気づいた、と同社は報じた。良く聞こえるということに対する意識が上昇しいているとのことだ。



Das Linzer Marktforschungsinstitut Whitebox hat Mitte Mai im Auftrag von Neuroth unter 805 Österreichern im Alter von 18 bis 76 Jahren online eine Befragung durchgeführt. Anlass war das geänderte Kommunikationsverhalten in der Coronakrise: Der persönliche Kontakt wurde großteils von Telefonaten und Video-Calls abgelöst. Rund 55 Prozent der Österreicher bestätigten laut der Umfrage, dass ihr Bewusstsein für ein gutes Gehör in Zeiten der fehlenden nonverbalen Kommunikation gestiegen sei.
durchgeführt→ durchführen

(オーストリアは)リンツ市にある世論調査研究所である Whitebox はノイロート社の委託を受けてこの5月中旬、18才から76才までのオーストリア人805名に対してオンラインのアンケートを実施した。その契機はコロナ危機にあっての(人と人との)コミュニケーションの仕方が変化したということだった。つまり個人的なコンタクトの形態が主に電話やビデオ通話へと変化したことだった。アンケートによるとオーストリア人のほぼ55%はノンバーバルコミュニケーションが欠落しているこの時期にあっては良く聞ける耳を持つということへの意識が上昇したと認めている。



Mundnasenschutz erschwert es allen 
マスクの所為で誰もが困難を背負っている

Etwa jeder Neunte gab an, Probleme mit dem Hören und Verstehen bemerkt zu haben - zum Beispiel beim Telefonieren oder Fernsehen. Jeder siebente Befragte - 15 Prozent - ortete bei Angehörigen Probleme. Und mehr als jeder zweite der rund 800 Befragten, 55 Prozent, klagte über Verständigungsprobleme aufgrund des Mundnasenschutzes. Auffällig sei dabei gewesen, dass es da auch bei den jüngeren Befragten Kommunikationsprobleme gab. Noch schwerer taten sich Menschen, die ohnehin eine Hörminderung haben.
erschwert→ erschweren, to impede
gab an→ angeben = mitteilen, Auskunft über etwas geben
ortete → orten, to locate


ほぼ9人に一人が聴解に問題があると気が付いたと認めた、たとえば電話をしている際、またはテレビを見ている際に。7人に一人、つまり15パーセントの人たちは自分の親近者に問題があることを突き止めた。しかもほぼ800名のアンケートを受けた人たちの二人に一人強、つまり55パーセントがマスクが理由で相手の話を理解するに問題があると苦情を述べた。目立つこととしてはアンケートを受けた若い人たちの間でもコミュニケーションに問題があるということであった。聴解力にすでに障害のある人たちにあっては尚更難しくなるものであった。

 *  *  *

確かに、個人的な経験ですが、マスクをしたままで会話をするにもマスクが発声を妨害するかのようにわたしには感じました。相手の言っていることがいわばフィルターを通して聞こえてくるというはっきりとは聞き取れない戸惑った感覚、いや、鈍くなったのか、この聴覚は!? といった感想を抱くようになった。出来ることならば外したいという人達の心理は分かります。スーバーで買い物入るにもマスクはしなければなりませんが、買い物を終えた後ではすぐにも外している人たち、その心理は分かります。




"Gut zu hören ist der Schlüssel zu gelungener Kommunikation und die Basis für soziale Interaktion - sozusagen das Ohr zur Welt. Leider wird unser Gehör aber nach wie vor unterschätzt. Dabei ist es vor allem in Krisenzeiten wichtig, sich gut verständigen und zum Beispiel Nachrichten im TV oder Radio problemlos konsumieren zu können. Das hat man in den vergangenen Wochen besonders bemerkt", sagte Hörakustiker Lukas Schinko, Vorstandsvorsitzender von Neuroth.
das Gehör, hearing
unterschätzt→ unterschätzen, to underrate
verständigen, to notify


「よく聞けるということはコミュニケーションが上手く出来るための鍵ですし、社会交流の基盤です。いわゆる世界へ向けての耳です。残念ながら、私達の聴力は相変わらず過小評価されています。ことに危機的な時にあっては自分のことを良く分からせること、そして例えばテレビやラジオでのニュースを問題なく聞き取れることは重要なのです。このことについては過去2,3週間特に観察されるものでした」とノイロート社の社長で、認定補聴器技能者のルーカス・シンコ氏。



Angeblich hört jeder fünfte Österreicher schlecht
5人に一人の割合でオーストリア人は耳が悪いとされる

Die Dunkelziffer bei den Hörproblemen dürfte noch höher sein - dafür würden die 17 Prozent der Befragten sprechen, die "eher keine" Hörprobleme festgestellt haben, was aber doch auf ein gewisses Ausmaß an Verständigungsschwierigkeiten schließen lasse. "Eine Hörminderung tritt meist schleichend ein. Sie wird daher leider oft lange nicht bemerkt oder verdrängt - im Schnitt bis zu zehn Jahre lang. Angehörige nehmen daher eine wichtige Rolle ein. Schätzungen zufolge geht man sogar davon aus, dass rund jeder fünfte Österreicher schlecht hört," erklärte Schinko.
die Dunkelziffer, estimated number of unreported cases, dark figure - of crime
festgestellt feststellen,
tritt meist schleichend ein
verdrängt verdrängen
Schätzungen zufolge
geht man sogar davon aus ausgehen,


難聴問題に関する未報告数字はもっと高いはずであろう、質問を受けた人たちの17パーセントが「どちらかと言うと問題ない」と聴解問題について確言したひとたちだが、理解するのに困難をある程度持っていると結論を下せるもの。「耳が聞こえにくくなるということは気づかないうちに起こります。ですから残念ながら長いこと気が付かなかったり押しやったりで、平均すると最高で10年間続きます。ですから親近者は重要な役割を果たすことになります。推定に基づきほぼ5人に一人の割合でオーストリア人は耳が悪いという前提です」とシンコ氏は説明した。



Laut Umfrage gab über die Hälfte der Befragten (55 Prozent) an, dass ihnen die Wichtigkeit eines guten Gehörs während der Coronakrise bewusster geworden ist. "Besonders auffallend ist der hohe Grad an Zustimmung bei den Über-65-Jährigen. In dieser Gruppe ist 75 Prozent der Befragten die Wichtigkeit eines guten Gehörs bewusster geworden", schilderte Marktforschungsexpertin Daniela Höllerbauer, Geschäftsführerin der Whitebox GmbH.
die Wichtigkeit, importance
die Zustimmung, approval, endorsement
geworden → werden
auffallend, conspicuous


同調査によるとアンケートを受けた人たちの半分(55パーセント)以上が、耳が良く聞こえることの重要性をコロナ危機中には以前に増して意識した、と認めた。「特に目立つのは65才以上の人たちの間でのこの点に対しての首肯率が高いということ。65才以上のグループでは質問を受けた人たちの75パーセントが耳が良く聞こえるという重要性への意識が以前より高まりました」と市場調査専門家で世論調査研究所 Whitebox の所長であるダニエル・ホーレンバウアーさんは説明した。




       *  *  *

普通、人は聴力も一緒に携えて生まれてくるものとわたしは理解しているのですが、例外なく誰にも当てはまるというわけではないのですよね。人生途中で聴力を失ってゆく人もいる、そんな例もあるのですね。あの有名な作曲家のベートベンは生まれながらにして難聴だったわけではなかったのですよ。

またわたしにはどうしてそうなのか良くはわからないのですが、生まれながらにして聴力が欠けた有名人としてあのヘレン・ケラーの名前が念頭に上がってきます。

普通、人は高齢になるに従って聴力に衰えを覚えたり感じたりするようになるらしいということも認識していますが、それはいわゆる老化現象の一つと捉えられるのでしょうか。何かきっかけとなるようなことが人体、特に耳または脳に何かが起こったために聴力が弱まったり理解に困難を来すようになっているのでしょうか。
問題を持っている人がいる一方で、何らの問題も持っていない人もいる。あなたは問題を持っている人に選ばれたのです、とか指摘されれば、はあ、そういうことになるのでしょうか!? 納得できないでしょうね。でも事実として認めざるをえない。聴力を回復させることができないのでしょうか。回復させることができますよ、ということで補聴器専門の会社がこの世界にはいくつも存在しているということなのでしょうか。


そういえば何処の街にあっても補聴器を専門とする会社が支店をだしていることに気が付きます。コロナ期にあっては顧客への対応も停滞的にならざるようです。一日中、開店中とはなっていません。たくさんの人がお店に赴きたいと思っていても直接訪れることはできないようです。
お医者さんに予約を入れるように、まずはお店で用を足すためには予め予約を取らなければならないようになっています。補聴器を扱っている会社のウェッブサイトを覗いてみると、どこも同じような状況のようです。予約を求めています。

プール用サンダル? それがなにか。

ENDLICH WIEDER FREIBAD
やっと屋外での水浴の時がやってきました

Darum sollten Sie unbedingt Badeschlapfen tragen

で、プール用サンダルは是非とも履かなければならないでしょう
https://www.krone.at/2104704 03.06.2020

Das Risiko für Infektionen ist in öffentlichen Bädern besonders hoch. Vor allem in Coronazeiten sollte man hier unbedingt Schlapfen tragen. Nicht nur aus hygienischen Gründen.

公共プールで感染する危険度は特に高いのです。ことにコロナ時にあってはサンダルは是非とも履かなければならないでしょう。衛生上の理由からだけではありません。

Seit 29. Mai haben viele Freibäder wieder ihre Pforten geöffnet.Leider fühlen sich Bakterien im Schwimmbad besonders wohl, weshalb auch hier besondere Vorsichtsmaßnahmen gelten. Warme Temperaturen in Verbindung mit Feuchtigkeit bilden den idealen Nährboden für Pilze.

(オーストリア国にあっては)2020年5月29日以来、プールへの門戸がまた開かれました。残念なことにバクテリアはプールでは特に快適さを感じてしまうのです、ですからプールでも特別な対応措置が必要なのです。気温が高く、しかも湿気があるということでカビが発生するには格好な場所になっています。

Vor allem für Menschen mit einem schwachen Immunsystem gilt: Tragen Sie unbedingt Badelatschen! Denn auf Bodenbelägen, Saunabänken und Badematten lauern Pilze und Keime, die zu Infektionen und Krankheiten führen können. Das Tragen der Badeschlapfen ist auch in Umkleidekabinenen und Toiletten empfehlenswert. Auch dort ist die Ansteckungsgefahr besonders hoch.

免疫力が低い人達にとっては特に次のことが該当します。プール用サンダルは絶対に履くこと! 床板、サウナ内のベンチそして水浴用のマットの上にはカビと細菌が待ち構えているし、それらに感染したり病気になることもあり得るからです。プール用サンダルを履くことは着替え室、トイレでも推奨されます。そうした所でも感染する危険性は特に高いからです。

So beugen Sie dem Risiko einer Infektion im Schwimmbad vor:
 
プールで感染する危険を阻止するには次のことをします。

Trocknen Sie Ihre Füße nach dem Schwimmen immer gut ab, idealerweise föhnen Sie diese

水浴後には両足をしっかりと乾かすこと、理想的にはドライヤーを使うとよい。

Duschen Sie vor und nach dem Baden/Schwimmen
             
水浴/水泳の前後にはシャワーを浴びること。

Gehen Sie nicht ins Bad, wenn Sie eine ansteckende Krankheit haben

伝染病に罹っているときにはプールに入らないこと

Tragen Sie auf jeden Fall immer Badeschlapfen!
  
それととにかくプール用のサンダルはいつでも身につけているに越したことはありません!

flipflop.jpg 






           *   *

以上のようなドイツ語記事がオーストリアの新聞のオンライン版に掲載されていました。
どうしてこんなにもサンダルに拘(かかわ)るのでしょうか!? お分かりでしょうか。もちろん衛生上の理由からだけではありません、と記事中にもわざわざお断り書きされていることからも推測出来るのではないでしょうか!?笑。


続きを見る

自分の車にニックネームを付けている(オーストリアからの話題)


 車をお持ちでしょう?
   
   何という車ですか?
   
   日本車ですか?
   外車ですか?
   
   どの車にせよ、お持ちの車は自分の車ですよね。
   大切にしてあげていますよね。
   名前も付いていますか。


   ヨーロッパはオーストリアにも色々な車が駐車していたり
   走っていたりしますね。

   近所を歩くといわゆる青空駐車している車が道路沿いにたくさん。
   そこはアパートが建っているところで、地階には駐車場も備わっているようですが、
   外の道路沿いに駐車せざるを得ないアパートの住民もいるよう。

   わたしはアパートに沿って駐車中の車のエンムブラムを見ながら、
   何車なのか、といつも自分のクイズを出している。
   相変わらず似たようなエンブレムの区別が付かないので、自分でも嫌になってしまう。 
   別に我が人生に支障を来たすわけではありませんが。

   幼稚園の保母さんにそのことを話題にしたら、園児はだれもどの車なのか、エンブレムを
   見ただけで当ててしまうのよ、と教えてくれた。
   日本車も見かけますが、園児は日本車のこともわかるのでしょうか。
  
   気を持ち直して、わたしはエンブレムを見ながら、当てようとしている。
   あれはに日本車でしょう、Honda, Nissan, Mitsubishi, Suzuki, Toyota,
   日本車もヨーロッパ人(オーストリア人)には人気があるのかも。
   あれはドイツ車、そしてこれはフランス車、これはイタリア車、
   これは何車だろう?ああ、チェコ車? そしてこの Miniは英国車だ、
   それからこれは韓国車かな、まれにスウェーデン車もみる。スペイン車とは思っていなかった車も散見される。

   駐車中の、世界の、というかヨーロッパ中の車にはニックネームも付いているのかも
   しれないと認識を新たに次第です。



40 Prozent der Österreicher geben ihren Autos Kosenamen  

Baby, Flocki und Frosch(i)

40 Prozent der Österreicher geben ihren Autos Kosenamen

Wo ist denn mein Flocki? 500 Österreicher wurden befragt,
ob und welche Kosenamen sie ihren Autos geben.
Die Liste der Namen ist bemerkenswert.  
 
Zum eigenen Auto pflegen viele Österreicher eine ganz besondere
Beziehung, was sich laut einer am Freitag veröffentlichten Umfrage
u.a. darin zeigt, dass 40 Prozent der 500 von meinungsraum.at
Interviewten ihrem fahrbaren Untersatz einen Kosenamen gegeben
haben, bei den Frauen sind es sogar 52 Prozent.
http://www.kleinezeitung.at/auto/5294191/Baby-Flocki-und-Froschi_40-Prozent-der-Oesterreicher-geben-ihren  29. September 2017
→ ドイツ語文法暗示的解説

オーストリア人の40パーセント、自分の車にニックネームをつけている   
ベイビー、フロキー、フロッシュ(フロシイ)
ぼくのフロキーちゃんは一体どこかな? オーストリア人500名がアンケートを受けた。自分の車にニックネームを付けているのか、付けているとしたらどんな名前か、と。名前のリストは注目に値する。
  
自分の車に付いてはオーストリア人の多くは特別の関係を育んでいる。金曜日に公開されたアンケートによると meinungsraum.at によるインタビューを受けた500人の40パーセントは自分の車に一つのニックネームを付けているということを教えてくれている。女性たちにあっては52パーセントもが名前をつけている。

              *   *

  私の車ですか?
  吾輩は車である。名前はまだない。(←誰かの真似?)

  日本人だったら自分の車にどんな名前を付けるでしょうか。
  それとも付けない?

  太郎さん とか 花子さん とか。
  
  「太郎さん、今日は輝いていますね」
   
  「花子さん、一緒にドライブに行きませんか。いいお天気ですよ」
 
   誰に話し掛けているかと思いきや、目の前に駐車中の車に向かってのようでした、とか。

  ドイツ人もオーストリア人と同様、同じようなことをやっているようです。

続きを見る

交通違反者のキテレツな言い訳カテゴリー別ベストスリー (オーストリアの場合)

"Frau schwanger, da muss ich jederzeit erreichbar…!"
 
von Walter Pohl - Das Polizisten-Pärchen aus der ATV-Kultserie
"Wachzimmer Ottakring" listet in "Heute" die schrägsten Ausreden
von Verkehrssündern auf.

Karin und Christian, die Sympathie-Kieberer aus der ATV-Serie
"Wachzimmer Ottakring" sind mit allen exekutiven Wassern gewaschen.
"Heute" besuchte das Duo an ihrem Stützpunkt in der Brunnengasse 40,
dort wo der nämliche Markt Istanbul, Belgrad und Pristina auf 500
Metern nebeneinander zu bieten hat.
   
Für "Heute" hat das Cop-Duo die witzigsten und originellsten Ausreden
von Verkehrssündern zusammengetragen, mit den jeweil drei schrägsten
Entschuldigungen. Wir beginnen mit der Kategorie
  
Handy am Ohr:
1.) "Frau ist schwanger, muss ich jederzeit erreichbar!"    
2.) "Ich hab nicht telefoniert, sonder nur kalte Butter ans Ohr gehalten, weil ich eine Entzündung habe."    
3.) "Ich führe keine Gespräch, ich halte mir nur das Handy ans Ohr." 
http://www.heute.at/oesterreich/wien/story/-Frau-schwanger--da-muss-ich-jederzeit-erreichbar----47630207 16. August 2017   
→ ドイツ語文法暗示的解説

「妻が妊娠中なんです、何時でも連絡が取れるよう構えていなければならんのですよ!」
   
記者:ヴァルター・ポール。オーストリアテレビ局ATVの人気シリーズ番組「オッタクリング交番」に出演の警官カップルは弊紙Heuteのために交通違反者の一番奇妙な言い訳をリストアップしてくれている。

警官カップルのカリンとクリスチャン、テレビシリーズ番組の Wachzimmer Ottakring(オッタクリング交番)」に出演する感じの良いお二人は警察公務を巡る全てのことについて経験済み。
   
Heute 紙は Brunnergasse40にあるお二人の職場を訪れた。この場所にはイスタンブール市場、ベルグラード市場、そしてプリスティーナ市場が500メートルに渡って隣り合わせになっている。
   
Heute 紙 のために警官カップルは最も面白いそして最もオリジナル性に富んだ交通違反者の言い訳を集めた。
   
それぞれ一番奇妙な言い訳を三つづつ、カテゴリー別にピックアップ。
先ずはカテゴリー「ケイタイを耳に宛てていた」をどうぞ。  


「ケイタイを耳に宛てていた」:
 1.) 「妻が妊娠中なんです、何時でも連絡が取れるよう構えていなければならんのですよ!」

  
 2.) 「ワシは電話で話なんかしていませんでしたよ、冷たいバターを耳にただ宛てがっていただけなんです、耳が炎症中なんでね」

  
 3.) 「何も通話はしていませんよ。ケイタイを耳に宛てがっているだけなんですから」

続きを見る

オーストリアのレストランでミネラルウオーターを注文します?


85 Prozent der Österreicher verwenden Leitungswasser zum Trinken oder Kochen.
Trotzdem lässt sich auch bei uns mit Wasser in Flaschen ein gutes Geschäft machen.
Pro Kopf und Jahr werden fast 92 Liter "Mineral" konsumiert.
Im Jahr 2000 lag der Anteil der "Stillen" noch bei rund 20 Prozent,
inzwischen hat er sich verdoppelt. Das meiste Mineralwasser wird
laut dem Verein für Konsumenteninformation (VKI) in Kunststoffflaschen
nach Hause getragen, deswegen wurde nur der Inhalt aus PET-Flaschen untersucht.

オーストリア人の85パーセントは水道水を飲料として、または料理に使用している。それにも拘らずオーストリアにあっても壜詰めの水の商売は上手くやっていられる。一人当たり年間、ほぼ92リットルのいわゆる「ミネラル」を費消している。2000年には「ガス抜きのミミネラルウォーター」の比率はまだ20パーセントほどであった。が、それが今日、2倍になった。大抵のミネラルウォーターは、Verein für Konsumenteninformation (VKI)消費者情報連盟によると、プラスチックの容器に入ったまま家へと持ち運ばれる。それ故、ペットボトルから抜いた内容物(つまりミネラルウォーターという液体)だけを調査した。

ミネラルウォーターというと、どうもそう考えたり思ったりするように条件付けられてしまったのでしょうか、ミネラルウォーターは最寄りの(別に最寄りの、でなくても、どこにも見いだせる)スーパーマーケットに行けば見つけられるし買いたいならば買える。

我が家ではプラスチックの容器に入った6本入りのセットを買ってきますね。
スーパーではどこでも同じ銘柄が売っているわけでもないですね。
それぞれのスーパーには別々の銘柄のミネラルウォーターが備えてあるようで、
同じメーカー品をここでもあそこでもと見出すことは稀のようです。

我が家では何を基準にミネラルウオーターを買っているのでしょうか。
私自身は滅多に買いには行きませんが、買って持って来たものを見ると、
時々、銘柄が違ったりしている。

安い値段のモノを買って来ているのかもしれませんが。
尤も売っているミネラルウオーターは安いのか、と敢えて疑問を呈したくもなります。

ガス抜きではありません。いわゆる Mild と記載されているものです。
炭酸ガス入りです。


*  *

レストランでも時にわたしはミネラルウオーターの小瓶を注文しますが、
レストランで出されるということで同じモノをスーパーで見ている時も
ありますので、実に割高。レストランで注文するのがバカバカしい。

ということで水道水を注文します、無料であることを期待して。
もちろん有料ですか? と事前に聞いてから注文することも出来ますが、
わたしは一つのゲームを楽しむかのように水道水をお願いします、と
ウェイターに賭けます。

食事が終わり、精算をお願いする。レシートが持ってこられる。
ウェイターは総額を言いながら、レシートをテーブルの上、
我々の目の前に置く。

私は一銭も支払わない。我がパートナーが財布を握っている。
金額を確認しながらチップ付きで支払っている。

ウェイターが満足して?去って行った後、私は残したままのレシートを仔細に検査する。
水道水についても請求料金の一部として算入されているのかどうか。

やった! 

水道水については請求していない。

レストラン側のサービスと言えないこともない。

が、我々は結局、チップをちょっと弾んでいるので
いわば自発的に水道水についても支払ったと言えないこともないでしょう。

考えようでしょうか、どうなんものでしょう。
ミネラルウオーターをお願いしていたら、きっと請求料金の一部
として算入されていたことは日を見るよりも明らかでしょう。

ところで、チップはそのウェイターの懐に収まることになっているのでしょうか。
いつも気になる点です。

つづく

スポンサーリンク