ヨガの授業は米国憲法信教の自由条項に抵触しない



US-Gericht: Yoga-Unterricht verstößt nicht gegen Religionsfreiheit
Eltern von Grundschülern aus Kalifornien hatten geklagt
米国の裁判所:ヨガの授業は米国憲法信教の自由条項に抵触しない
カリフォーニア州は小学生の両親が訴訟を起こしたのだった


Yoga-Kurse an einer Grundschule im US-Bundesstaat Kalifornien verletzen nicht die Religionsfreiheit der Schüler. Das hat ein Berufungsgericht in San Diego am Freitag entschieden. ドイツ語解説→
https://de.nachrichten.yahoo.com/us-gericht-yoga-unterricht-verstößt-gegen-religionsfreiheit-021930384.html Samstag, 04.04.2015
カリフォーニア州の一小学校ではヨガの授業があるが、これは生徒たちの信教の自由を蹂躙するものではない。サンディエゴの控訴裁判所が金曜日、同判決を下した。

続きを見る

週末はぶらぶらしていることが求められる。それはなぜなのか

週末はぶらぶらしていることが求められる。それはなぜなのか

肉体と精神は定期的にリラックスが必要ですが、なぜでしょう? 休息、そして新たなエネルギー、活力を得るためです。自分が必要とするリラクセーションのための時間と空間を取り戻すことは重要です。なぜでしょう? この業績重視の社会でコンスタントに生き延びて行くことが出来るためにです。
Warum man am Wochenende faulenzen sollte
http://www.netzeitung.de/vermischtes/691988.html
Körper und Geist brauchen regelmäßige Entspannung, um zur Ruhe zu kommen und neue Kraft zu tanken. Sich Raum und Zeit für Erholung zurückzuerobern, ist wichtig, um in der Leistungswelt dauerhaft bestehen zu können.

やっと週末、2日間の休養と休息だ。でも、家庭と仕事と両立させなければならない女性たちは特に、週末には直ぐにストレス状態に陥る。「自分の休養の代わりに週日にやり残したままのものが週末に全部取り返さなければならない」とノイス出身の心理学者、アンネ・フートさんは語る。買い物であろうと、家事であろうと、親戚訪問であろうと、また家族での遠足であろうと、余りにもたくさんやることがあって待ちに待った休日が力強く拍子を打つことになってしまう。週日でさえも多くの女性たちにとっては朝から晩まで十分に詰まっている。「自分だけの個人的な要求を満たすための時間はとても少ないのです」とライプツィッヒ出身の、テラピストでありマネジメントトレーナーのヨルグ・ハルティック氏。
Endlich Wochenende, zwei Tage Erholung und Ruhe. Doch besonders Frauen, die Familie und Beruf vereinbaren müssen, tappen am Wochenende schnell in die Stressfalle. «Anstatt sich zu erholen, wird alles nachgeholt, was unter der Woche liegen geblieben ist», sagt Anne Huth, Diplom-Psychologin aus Neuss. Ob Einkauf, Haushalt, Verwandtenbesuche oder Familienausflüge - zu viele Vorhaben machen die ersehnten freien Tage zum Kraftakt. Schon die Wochentage vieler Frauen sind oft genug von morgens bis abends voll gepackt: «Für die Erfüllung ganz persönlicher Bedürfnisse bleibt da nur wenig Zeit», sagt Jörg Hartig, Therapeut und Managementtrainer aus Leipzig.



Regelmäßige Entspannung
定期的にリラックスすること

とは言うものの、肉体と精神は休息、そして新たなエネルギー、つまり活力を得るために定期的なリラックスを必要とする。自分が必要とするリラクセーションのための時間と空間を取り戻すことは重要です。この業績重視の社会でコンスタントに生き延びて行くためにです。週末を文字通り意識的に過ごすためには、その週を終わらせるためにある決まった儀式をすることが役に立つ。仕事を持っている人ならば、自由な時間はすでに職場から始まります。つまり、机の上を片付けること、同僚との最後の打ち合わせ、来週の予定リストを作成する。「そうすることで一週間の仕事に一つの終止符を打ち、頭を解放させるのですよ」とアンチ・ストレスのコーチングに取り組んでいる、ハンブルク出身の、トーマス・プリュンテ氏の言。
Doch Körper und Geist brauchen regelmäßige Entspannung, um zur Ruhe zu kommen und neue Kraft zu tanken. Sich Raum und Zeit für Erholung zurückzuerobern, sei wichtig, um «in der Leistungswelt dauerhaft bestehen zu können». Um das Wochenende ganz bewusst zu begehen, helfen feste Wochenabschluss-Rituale. Wer berufstätig ist, läutet die freie Zeit am besten bereits am Arbeitsplatz ein: den Schreibtisch aufräumen, letzte Absprachen mit den Kollegen treffen, eine To-Do-Liste für die nächste Woche schreiben. «So ziehen Sie einen Schlussstrich unter die Arbeitswoche, machen den Kopf frei», sagt Thomas Prünte, Anti-Stress-Coach aus Hamburg.

家でも決まった儀式をすることを専門家は勧める。「金曜日ごとに外食したり、サウナに行ったりする。そして心も体も解放の入浴を楽しむのです」とフートさん。「こうした贅沢を自分に与える儀式とは今まで過ごしてきた一週間に一つの終止符を打つもので、それは要するに全身全霊がゆっくりと休めるようにするものですよ」と。ハルティックさんはまたこうも勧める。つまり、自分の内なる声に耳を傾けて、今自分の肉体と精神は何を必要としているのかを見出すこと。内なる声に耳を傾けること――これは多くの主婦たちにとって一度は学ばなければならないことでしょう、とアンネ・フートさん。「主婦達は往々にしてすべての事柄に責任を感じるもので、家族全員が必要としていることについては考えるとしても、自分自身が必要としていることについては考えることが少ないのです」。だから、この点については一度「こんなことではダメなのよ、ノー!」と自分に責任を持って言うことも必要とのこと。「週末に何らの休養も取れない人は充電されないまま次の週を向かえ、出来ることも出来なくなってしまうのですよ」と。
Auch für zu Hause empfehlen die Experten klare Rituale: «Gehen Sie freitags essen oder in die Sauna, genießen Sie ein entspanntes Bad», rät Huth. «Diese Verwöhnrituale setzen einen Endpunkt hinter das hohe Wochentempo, bringen Seele und Geist langsam zur Ruhe.» Hartig empfiehlt, auf die innere Stimme zu hören, um herauszufinden, was Körper und Geist gerade benötigen. Das müssten viele Frauen erst lernen, sagt Anne Huth: «Frauen fühlen sich oft für alles verantwortlich, denken mehr an die Bedürfnisse der Familie und weniger an ihre eigenen.» Hier gelte es, auch mal konsequent «nein» zu sagen. «Wer sich am Wochenende keine Pause gönnt, startet mit leeren Batterien in die nächste Woche und schafft noch weniger.»



Einkaufen und leerer Kühlschrank 
買い物と空っぽの冷蔵庫


とは言うものの、この休憩を取ること、たとえば冷蔵庫の中は空っぽだということで土曜日には更に買い物にでかけなければならないとしたら、どのように休憩を取れるというのでしょうか? それとか家の中がごちゃごちゃになっていて整理整頓しなければならないとしたら? 「そうなると家族全員の手を借りなければならなくなるのです」とフートさん。すべて自分ひとりの手でやるのではなく、主婦としてはご主人や子供達の援助を求めるべきでしょう。「たくさんの手が一緒になって助け合えば、それは楽しいだけでなく、それだけ早く片付けてしまうことになりますよ」。どうしてもやらなければならないことをチェックして、 家族としての行動と自分自身のための時間との間にバランスを見出すことが必要です。
Doch wie gelingt diese Pause, wenn am Samstag noch eingekauft werden muss, weil der Kühlschrank leer ist? Oder wenn das Chaos in der Wohnung beseitigt werden muss? «Dann ist die Mithilfe der ganzen Familie gefragt», sagt Huth. Anstatt alles alleine zu machen, sollten Frauen nun auf die Unterstützung durch Partner und Kinder bestehen. «Wenn viele Hände mithelfen, macht es nicht nur mehr Spaß, sondern man ist auch viel schneller fertig.» Ist das Pflichtprogramm abgehakt, gilt es, eine Balance zwischen Familienaktivitäten und Zeit für sich selbst zu finden.

全員が納得行くようにするためには、リクエストリストが役に立ちます。「家族全員が自分の希望やアイディアを持ち寄り、一緒になって週末を計画するのです」とハルティックさんの提案。その際、重要なこと、それは「リストを単に作り出すだけでなく、何が重要で、何がそうでないか、仔細に検討するのです」。一人一人が自分の負担を担うということ。その際には「より少ない方がより多い」とい方式が成立します。「大きなことだけを一つやる、そうしないと後には休息もなく、自由時間を過ごすにもそれがストレスとなってしまいます」とハルティック。日帰りの遠足は可能な限り前以て周到に計画を立てておく必要があるでしょう。「目的地へと行くにもゆっくりと行く。周りに展開する世界を意識を持って見回すのですよ」。
Um allen gerecht zu werden, hilft eine Wunschliste: «Alle Familienmitglieder nennen ihre Wünsche und Ideen, und gemeinsam wird das Wochenende geplant», empfiehlt Hartig. Wichtig dabei: «Arbeiten Sie die Liste nicht einfach ab, sondern schauen Sie genau, was sinnvoll ist und was nicht.» Dabei sollte jedoch möglichst jeder auf seine Kosten kommen. Hier gilt die Devise «weniger ist mehr». «Machen Sie lieber nur eine größere Sache, sonst gibt es statt Erholung Freizeitstress», sagt Hartig. Tagesausflüge sollten dabei möglichst im Vorfeld gut geplant sein. «Fahren Sie auch einfach mal langsamer zum Ziel, nehmen Sie die Welt um sich herum bewusst wahr.»



Perfektes Vorbild: Kinder 
申し分のない模範である子供達


気持ちよくゆっくりと時を過ごす、そんな完璧なる模範とは誰かといえば、自分の子供達だ。鳥を観察したり、新鮮な風に吹かれたり、道路脇に色々な石を集めたりしている子供達のことです。「一度ご自分の感覚を些細なことに差し向けてみてください。そうすると感覚の流れが開かれ、すばらしい休息が得られますよ」とアンチ・ストレスのプリュンテ。運動、スポーツも充電には持ってこいです。ノルディックウオーキングであろうと、ヨガであろう、水泳であろうと、サイクリングであろうと、「スポーツはストレスを取り除き、肉体の感覚を強化します」と説明するフート氏。
Das perfekte Vorbild für wohltuende Langsamkeit sind die eigenen Kinder: einen Vogel beobachten, in den frischen Wind schnuppern, bunte Steine am Wegesrand sammeln. «Lenken Sie Ihre Wahrnehmung einfach mal auf die kleinen Dinge, das öffnet die Sinneskanäle und entspannt ganz wunderbar», so Anti-Stress-Coach Prünte. Auch Bewegung und Sport helfen, den Akku aufzuladen. Ob Nordic Walking, Yoga, Schwimmen oder Radfahren - «Sport baut Stress ab und stärkt die Körperwahrnehmung», erklärt Huth.

最適の効果が得るのに30分毎日やれば十分です。「スポーツをやるとしてもご自分のフィットネスレベルに合うということに注意する必要があります。スポーツ初心者は最初ゆっくりと始めるのです」と。休日を過ごす上で、自分の精神が癒されるバルサムとしては感じの良い人たちと接触することでもあります。「気持ち良い付き合いはいつでもストレス解消にベストですよ」とハルティック。まあ、一緒に夜を過ごすのがたとえすばらしいとしても、寝る時間が来たら寝ることが勧められますが。
Für den optimalen Effekt reichen bereits 30 Minuten täglich. «Achten Sie darauf, dass der Sport zu Ihrem Fitnessniveau passt, und fangen Sie als Einsteiger langsam an.» Balsam für die Seele an den freien Tagen ist auch der Kontakt zu netten Menschen. «Wohltuende Gesellschaft ist immer noch der beste Stresskiller», sagt Hartig. Doch so schön ein gemeinsamer Abend auch ist, es empfiehlt sich, rechtzeitig ins Bett zu gehen.

ハンブルクにある市場調査機関「Ears and Eyes」耳と目」の調査によるとドイツ人の80パーセントが「月曜日朝の憂鬱」に罹っている。なぜかと言うと、週末の就寝慣習を変えてしまうからです、と。ですから、アンネ・フートさんの提案ですが、「頭の天辺から足の先まで本当にリラックスしたいと思う人は、時間が自由となる日(つまり、休日)でもいつもの習慣どおりに寝床に就いて、夜は耳を閉じるのです」と。
Eine Studie des Marktforschungsinstituts «Ears and Eyes» in Hamburg hat ergeben, dass 80 Prozent der Deutschen am «Montagmorgen-Blues» leiden, weil sie am Wochenende ihre Schlafgewohnheiten verändern. Anne Huth rät daher: «Wer sich wirklich von Kopf bis Fuß erholen will, sollte an den freien Tagen wie gewohnt ins Bett gehen und sich nicht die Nächte um die Ohren schlagen.» (Bettina Levecke, dpa)




週末は如何に過ごされていますか? 
ヨガのDVD
 
このブログ記事を今、読まれている読者のあなたは如何ですか。

働いている人(週休二日制)にとっては、週末は本当に必要だと感じているのではないでしょうか。
必要と感じるだけでなく、如何に過ごすか、これが重要ですね。

家庭の主婦にとっても「週末」はあってしかるべきなのでしょうが、
現状はというと、いろいろとやらなければならないことがあると感じてしまうの主婦のようです。 



       *    *

 西洋人たちは(も)働きます。生きるために。食うために。楽しむために。

 でも、大抵の人たちは長い夏の休暇(休息、リラクセーション)を享受できるために一年計画で働いて、お金を貯めて、休暇でドーンとつかうようです。

 日本人は働くために働く? 昔の日本(人)のこと?
 ドイツ人は休暇のために働く。

 こんな面白そうな本があります。日本人とドイツ人の比較!
「ドイツ人はなぜ、1年に150日休んでも仕事が回るのか」
     
 働くために週末を休む日本人、わたしに照らし合わせてみると、
これ本当に当たっていると思います(笑)。

裸ヨガ(ネイキッドヨガ):アメリカからの新流行

naktyoga.jpg

アメリカからの新流行:裸ヨガ 
                       
サンフランシスコ発――「ネイキッド・ヨガ(裸ヨガ)」―これは今アメリカで流行っている最新のリラックス法だ。

綿本彰のパワーヨーガ~美しいボディラインをつくる セレブ流ダイエット~
綿本彰のDVDで始めるパワーヨーガ―ヨーガ教室に通う感覚で学べる
裸ヨガが大いに流行っている、アメリカでは どこでもヨガ

「最初はいつもちょっと神経質になりますが、
直ぐにそんなこともなくなってしまいます」と
ヨガ教師、ジェシカ・ヒダリさんは受け合う。
彼女にはサンフランシスコにスタジオがあって、
(そう言いながらご自分の)ジーンズやTシャツを
素早く脱ぐ。
    
「さあ、皆さん、脱いでください。
大きく息を吸って、リラックスしてください」と
26才のヨガ女教師はご自分が受け持つグループ
――男女混合――に指示を出す。
彼女(が受け持つこ)の混合クラスは日曜日の午前中、
25名の参加者で満杯だ。
「米国の各地から問い合わせが来ますが、
今は裸ヨガをどのようにやるのか、
そのヒントを差し上げております」と
ニコールさんは説明する。
(参加者たちが)お互いに近寄るようなことは厳禁だし、
クラス内での(参加者たちの)礼儀作法にも注意が向けられているとのこと。

Neuer Trend aus USA: Yoga ohne Bekleidung
http://www.nachrichten.at/weltspiegel/397775
SAN FRANCISCO. "Naked Yoga" ist der neueste Entspannungstrend in den USA.
"Anfangs ist immer ein wenig Nervosität zu spüren, aber das geht
ganz schnell vorbei", versichert Yogalehrerin Jessica Hidari, die in einem Studio
in San Francisco schnell Jeans und T- Shirt ablegt.
"Zieht euch aus, atmet tief durch und entspannt euch", weist die 26-Jaehrige
ihre Gruppe - Männer und Frauen - an. Ihre gemischte Klasse am Sonntagvormittag
ist mit 25 Teilnehmern voll besetzt.
"Wir erhalten Anfragen aus allen Teilen des Landes und geben nun Tipps,
wie man Nackt-Yoga durchführt", erzählt Nicole. Annäherungsversuche
sind strikt untersagt, auf Etikette werde geachtet.

おたがいにゾクゾクしながら、肉体も精神もリフレッシュ、
新たなフリー感覚を得ることが出来るのでしょうね。
  
ヨガの初心者には先生が必要なのかもしれませんね。
わたしはヨガまがいの事を自分の健康のために自分なりに
やっていましたが、誰かに教えて貰うということがありませんでした。
本を買ってきて、その説明や写真を見ながら試していました。   
   
今は、どちらかというとストレッチングに大いなる関心があります。
特に、Pilates 筋肉トレーニングとでも言えましょうか。
それを今ではドイツのテレビ衛星放送で週一回、午前中にやっていますので、
自宅で見よう見真似でやっています。   
   
マドンナは歌っているそうです。   
”I do yoga and pilates”. 
   
Scharon Stone, Brad Pitt, Jodie Foster, Tiger Woods なども
このトレーニングに首ったけとのことです。   
      
これも実は最初、米国で流行りだしたものですね。
米国で流行るとそれがヨーロッパや日本へと移って来るらしい。
日本でも流行るのでしょうか、どうなのでしょうか。
えっ? もう流行っている!?   
        

      *       *
   
普通はゆったりとした服装でやっていますが、
実際のところ、一人でやるには別に誰かが見ているわけでもありませんから、
服装なしでもできるものだと言えるでしょう。
   
それを一人でもやれるヨガを同じ関心を持った他の人たちと一緒に集まってやる、
しかも衣服を脱いでやるところに何か利点を見出したのでしょうか。
 
サンフランシスコはヒッピー発祥の地であったし、
いろいろと実験が好きな都市のようですね。

裸でも良し、裸でなくとも良し、
ヨガで健康になりましょう! 
ヨガ良し、「寝ヨガ」も!

ヨガにもいろいろのヨガがあり